|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 建築学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
その他科目
その他
進路セミナーⅠ
Career Planning Seminar I
1 A941-01 2021年度
5期(前学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.職業と人生 2.目標設定 3.適性発掘 4.自己啓発 自分の将来の進路、技術者としての職業観の形成を計るとともに、自分に適した進学・就職 の目標を設定すること、その目標を達成するために必要な準備・対策に自主的かつ意欲的に 取り組むことを目的とする。主な課題は次の2つである。1.進路担当教員や先輩の講演、イ ンターンシップやオープンデスクなどを通して職業に対する意識向上を計り、自分に適した 進路の在り方を探究する。2.資格取得、一般常識、総合適性検査(SPI)など準備・対策 に比較的長期を要する課題に計画を立てて着手する。
授業の概要および学習上の助言
この授業は、コースに関わらず就職に大きく役立つので、全学生の履修を強く勧める。 1単位授業のため、毎回50分×15回とする 下記の内容を標準とする。 1.進路セミナー・ガイダンス、就職ノート内容紹介、自己分析の奨め(進路主事の講話) 2.キャリアデザインの奨め(進路主事の講話) 3.建築系の職種・地域・会社規模と進路選択(進路主事の講義) 4.適性検査(自我態度スケール) 5.自己分析 6.建築系の進路先企業紹介(進路主事の講義) 7.先輩の就職体験談(卒業生、4年生、大学院2年生) 8.授業時間内でのSPIテスト 10.自己点検とインターンシップ紹介
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
進路セミナーは、主に就職活動へ向けての講義で、就職戦線に対する対策・準備をするため開講するものである。就職活動の 心構えや就職試験の準備を行う学習として、学生諸君には進学・就職にかかわらず全員が受講する必要がある。また、この学 習は次年度の就職斡旋の参考資料となる。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
A,S 人生設計と進路との関係を自ら深く考察できる。
A,S 自分の適性な進路を発掘すべく、それに必要な思考や行動ができる。
A,S 進学・就職など自分の進路に関する方針や目標を、他人にも理解できるように論理的に説明できる。
A,S 進路に対する目標を達成するために必要な知識、能力、素養、資格などを調査し、自ら準備・対応ができる。
A,S 将来の進路を幅広く展望し、自身を見つめ直した上で、進むべき方向を決定できる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 30 20 50 0 0 0 0 100
指標と評価割合 総合評価割合 30 20 50 0 0 0 0 100
総合力指標 知識を取り込む力 10 10 25 0 0 0 0 45
思考・推論・創造する力 20 10 25 0 0 0 0 55
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 0 0 0 0 0 0
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 0 0
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 第2回SPI試験
クイズ
小テスト
第1回SPI試験
レポート 進路の考え方に関するレポートと2年生までの必修科目の内容で2級建築士試験レベルの問題を出題
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
進学・就職などの進路について、明確な方針や目標を説明でき る。 建築系技術者として基礎的な一般知識、専門知識を有し、各種 試験に適切に応答することができる。 人生設計と進路との関係を話すことができる。 建築系技術者として基礎的な一般知識、専門知識を有する。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1回 進路担当の紹介 ガイダンス 自己分析と進路絞込みのための就職ノート配布 進路担当の講話 進路主事の解説 就職ノートの配布と概要把握 建築業界資料の熟読 60 60
2回 建築ができるプロセスと建築業界の仕組み 進路主事の解説 就職ノートの熟読 建築業界資料の熟読 60 60
3回 第1回SPI試験 試験 SPIの復習 60
4回 建築系学生の進路(昨年の実績) 進路主事の解説 SPIの復習 ネットでの企業情報検索 90 60
5回 建築系の職種・地域・会社規模、推薦応募の解説 進路担当教員の解説 ネットでの企業情報検索 建築業界資料の熟読 60 60
6回 卒業生講話 第1回レポート出題(次回授業開始までに提出) 講話 ネットでの企業情報検索 課題 60 60 60 
7回 就職ノート解説と自己分析(就職ノート持参) インターンシップ募集企業紹介 進路主事の解説 就職ノートの復習 建築業界資料の熟読 90 60
8回 過去の入社試験 第2回レポート出題(次回授業開始までに提出) 進路主事の解説 自己点検授業 就職ノートの復習 課題 60 60
9回 建築に関わる資格について 進路主事の解説 就職ノートの復習 建築業界資料の熟読 60 60
10回 注目業種・企業紹介 進路担当教員の解説 就職ノートの復習 建築業界資料の熟読 120 60
11回 内定を得た先輩の就活経験談 講話 就職ノートの復習 建築業界資料の熟読 60 60
12回 第2回SPI試験 試験 SPI試験の復習 建築業界資料の熟読 60 60
13回 内定状況の紹介 進路主事の解説 ネットでの企業検索 建築業界資料の熟読 90 60
14回 自己点検 教員講話 自己点検授業 復習 60