|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 建築学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
建築構造設計
Structural Design of Architecture
2 A032-01 2021年度
6期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.鉄筋コンクリート構造 2.鉄骨構造 3.構造設計 4.構造計画 5.地域連携 鉄筋コンクリート構造と鉄骨構造で習得した知識を再整理し、構造設計の流れと考え方の詳 細について学ぶ。地域特性を考慮して試設計された鉄筋コンクリート構造と鉄骨構造の複合 構造の建物を対象として、具体的に構造設計を行い、構造計算書や構造図等を作成する能力 を養う。
授業の概要および学習上の助言
1. 構造設計の流れと構造計画 2. 荷重・外力 3. 準備計算 4. 応力算定 5. 二次設計 6. 鉄骨部材の設計 7. 鉄骨接合部の設計 8. 鉄筋コンクリート部材の設計 9. 基礎構造の設計 10.構造図 11.保有水平耐力の計算
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:KIT A事務所構造計算書 本編 2021[金沢工業大学]、KIT A事務所構造計算書 解説編 2021[金沢工業大学] 参考書:鉄筋コンクリート構造[産業図書]、鋼構造塑性設計指針[日本建築学会]、わかりやすい鉄骨の構造設計[技報堂]、鋼     構造許容応力度設計規準[日本建築学会]、鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説[日本建築学会] リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
構造力学の基礎知識として「建築構造力学I(2年前学期)」と「建築構造力学Ⅱ(2年後学期)」、直接関連する科目として 「鉄筋コンクリート構造(3年前学期)」および「鉄骨構造(3年前学期)」の内容を理解しておくことが必要である。鉄骨構 造の設計時に、「建築構造解析(3年前学期)」で学ぶ塑性設計法の知識が必要となる。また、本講義は建築学科の「建築総 合演習B」と直接関連しており、「建築総合演習B」を履修するには、本講義の履修が必要である。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
N 鉄筋コンクリート構造と鉄骨構造の構造設計について、各々の設計のポイントを説明できる。
N 鉄筋コンクリート構造および鉄骨構造の構造設計について、準備計算を行うことができる。
N 鉄骨構造の部材と接合部の設計を行うことができる。
N 鉄筋コンクリート構造の部材の設計を行うことができる。
N 二次設計を行うことができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 40 20 40 0 0 0 0 100
指標と評価割合 総合評価割合 40 20 40 0 0 0 0 100
総合力指標 知識を取り込む力 20 10 15 0 0 0 0 45
思考・推論・創造する力 20 10 15 0 0 0 0 45
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 10 0 0 0 0 10
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 0 0
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 構造設計全般についての基礎的知識を問う問題を出題する。
クイズ
小テスト
授業中に基本的課題を出し、小テスト・クイズとして回答提出を求め、その回答内容を評価する。
レポート 構造設計を順次行う中で、各段階ごとに重要箇所について課題を出し、レポート提出を求め、そのレポー トの内容を中心に評価する。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
構造設計の流れと考え方を理解し、適切なモデル化により構造 設計を行うことができる。 構造設計の流れと考え方をある程度理解し、指導を受けながら 構造設計を行うことができる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 ガイダンス ・授業の概要 構造設計の全体的な流れと構造計画の概略 ・構造設計の基本方針、使用材料の種類 ・基本的構造図(伏図・軸組図) 荷重の種類 ・構成とその算定方法 講義と質疑応答 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
2 応力算定の準備 ・梁の基本応力 ・柱の軸力 講義と質疑応答 ◇中間振り返り:クイズ出題 ① 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
3 応力算定の準備計算 ・地震時層せん断力 ・剛比 応力算定 ・鉛直荷重時 講義と質疑応答 ◆中間振り返り:レポート出 題1 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
4 応力算定の準備計算 ・柱、ブレース、耐震壁のD値 応力算定の準備計算 ・反曲点高比 応力算定 ・水平荷重時 講義と質疑応答 ◇中間振り返り:クイズ出題 ②, ③ 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
5 設計ルートの説明 二次設計 ・層間変形角、剛性率 ・偏心率 ・塔状比 講義と質疑応答 ◆中間振り返り:レポート出 題2 自己点検 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
6 鉄骨部材の設計 ・大梁 ・つなぎ梁 ・柱 講義と質疑応答 ◇中間振り返り:クイズ出題 ④ 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
7 鉄骨接合部の設計 ・接合部の種類と設計法 ・継手 ・仕口 講義と質疑応答 ◆中間振り返り:レポート出 題3 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
8 鉄骨接合部の設計 ・ブレース接合部 ・柱脚 講義と質疑応答 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
9 鉄筋コンクリート部材の設計 ・大梁 講義と質疑応答 ◆中間振り返り:レポート出 題4 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
10 鉄筋コンクリート部材の設計 ・柱 ・柱梁接合部 講義と質疑応答 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
11 鉄筋コンクリート部材の設計 ・耐震壁 ・基礎の設計 講義と質疑応答 ◇中間振り返り:クイズ出題 ⑤ 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
12 保有水平耐力の計算 講義と質疑応答 復習:受講した箇所を復習 予習:次回講義箇所を予習 90 90
13 構造図 講義 復習:テキスト全般 180
14 試験 試験 講義 復習:構造設計の流れを復習 180
15 自己点検 講義 自己点検 復習:構造設計の流れを復習 90