|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 メディア情報学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
メディア情報専門実験・演習A
Media Informatics Major Lab/Exercises A
3 F026-01 2021年度
5期(前学期)
6期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.3次元モデリング 2.3Dプリンター 3.映像制作 4.ノンリニア編集 本科目は以下の2つのテーマで構成される。 「造形&モデリング」は、3DCGデータを現実の立体物に出力することを体験し、その特性や 問題点を理解、学習することを目標とする。 「映像制作」では、映像作品制作の体験を通し、これに必要な一連の工程を理解するだけで なく、様々な映像編集・音響効果などの表現技法を習得し、実践的なメディアコンテンツの 制作能力を強化するとともに、その地域連携への活用法についても学ぶ。
授業の概要および学習上の助言
●造形&モデリング ・自分で使用するモノを自分でデザインし、モデリング、3Dプリンターを用いた制作までの過程を体験学習する ・3Dプリンターを用いて、パーソナルユースのモノづくりを学習する ●映像制作 自らが設定したテーマに沿って、ストーリーの構想を立て、絵コンテによる設計図を作成し、素材として収集した映像や音源 などのデジタルデータをPC上で編集することによって映像作品を制作する。実際の現場においてはこれらの作業は分業化さ れることが多いが、本授業では実践的知識の習得を目的とし、複数の課題を体験することによって映像制作における全工程を 理解する。 PCや映像の編集に用いるソフトウェアは任意とする。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
実験中は安全面に十分に注意が必要であるから、教員の指示に従い慎重に取り組んでもらいたい。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
E,H,I,L,M 3DCGデータによるモノづくりを行うためのデジタルデータを制作し、立体物として出力できる。
E,H,I,L,M 適切なデザインを考え、制作することができる。
E,H,I,J,L,M 自分達の取り組みに関するプレゼンテーション等ができる。
E,H,I,L,M 映像制作のワークフローを説明できる。
E,H,I,L,M 映像制作の企画書や工程表ならびに絵コンテを作成できる。
E,H,I,L,M,N ノンリニア映像編集ソフトウェアを活用し、映像作品を作ることができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 0 0 0 0 100 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 0 0 0 0 100 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 0 0 0 0 0 0
思考・推論・創造する力 0 0 0 0 0 0 25 25
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 25 25
発表・表現・伝達する力 0 0 0 0 0 0 25 25
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 25 25
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 評価方法・評価割合はテーマにより異なるため「その他」100%として表記しているが、 二つのテーマの実際の評価方法・評価割合は以下の通りである。 詳しい説明は各テーマの最初の授業時間に行う。 [造形&モデリング]: 成果発表10%、作品60%、レポート20%、その他10% [映像制作]:映像作品を含めた成果発表60%、絵コンテや工程表などの課題40%
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
達成度評価が90%以上のレベル。 達成度評価が60%程度のレベル。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1-2 [造形&モデリング] 3Dプリンターの調査: ・3DCGのモデリング ・印刷シミュレーションを行い、結果を確認 講義と演習 課題:3Dプリンターの調査 200
3-4 現実への出力の体験: ・3Dプリンター,AR,紙による3Dモデルの出力 講義と演習 課題:実験報告書の作成 200
5-6 予備実験: 規格に基づいた機能をもつオリジナルデザインのモノ の制作 ・アイデアの創出 ・アイデアスケッチ、図面の制作、3DCGのモデリング ・印刷シミュレーションにより結果を確認して3Dモデ ルを修正 講義と演習 課題:アイデアスケッチ、図面の 制作 200
7-8 予備実験: ・3DCGのモデリング,3Dモデルの修正 ・3Dプリンター,AR,紙による3Dモデルの出力 講義と演習 課題:実験報告書の作成 60
9-10 本実験: テーマに基づいたパーソナルユースのオリジナルのモ ノの制作 ・アイデアの創出 ・アイデアスケッチ、図面の制作、3DCGのモデリング ・印刷シミュレーションにより結果を確認して3Dモデ ルを修正 講義と演習 課題:アイデアスケッチ、図面の 制作 復習:シミュレーション結果を確 認しながら、3Dモデルデータを 修正 120
11-12 本実験: ・3DCGのモデリング,3Dモデルの修正 ・3Dプリンター,AR,紙による3Dモデルの出力 講義と演習 復習:実験報告書の準備 200
13-14 本実験: ・3Dプリンター,AR,紙による3Dモデルの出力 講義と演習 課題:プレゼンテーションの準備 200
15-16 成果物プレゼンテーション プレゼンテーション、講評会 これまでの学習内容の振り返り 200
17-18 [映像制作] 講義  ・授業内容と学習目的の説明  ・映像制作におけるワークフローの理解   ‐プリ・プロダクション   ‐プロダクション   ‐ポスト・プロダクション 実習  ・カメラでムービーを撮る  ・カメラワーク  ・作品制作プレワーク1:テーマの抽出・決定   ‐構想の立案   ‐絵コンテの作成   ‐作品鑑賞 講義 実習 教員巡回による相談指導 予習:作品テーマの立案    簡易的な企画書の立案    光の取り入れ方 復習:カメラの使用法    カメラワーク 100 100
19-20 講義  ・光の取り入れ方 実習  ・光の取り入れ方の効果の理解と実践  ・絵コンテ①の提出  ・工程表の作成  ・ロケハン(簡単な映像の収集を行う) 講義 実習 教員巡回による相談指導 予習:様々な編集方法 復習:光の取り入れ方    あらすじ・シナリオの立案    絵コンテの作成 100 100
21-22 講義  ・様々な編集方法 実習  ・収集した映像のチェック  ・絵コンテの修正  ・工程表の修正  ・ロケハン,撮影 講義 実習 教員巡回による相談指導 予習:音楽・音響効果の付与 復習:様々な映像編集 100 100
23-24 講義  ・音楽・音響効果の付与 実習  ・映像作品の一部をチェック  ・絵コンテの修正  ・工程表の修正  ・撮影,編集等   ‐絵コンテの修正   ‐ロケハン   ‐工程表の確認 講義 実習 教員巡回による相談指導 復習:  ・音楽・音響効果の付与 100
25-26 講義  ・中間発表会   ‐この時点で完成している作品をプレゼン形式で 発表する.   実習  ・音楽・音響効果の付与  ・映像コンテンツのブラッシュアップ  ・工程表の修正 講義 実習 教員巡回による相談指導 復習:映像作品のブラッシュアッ プ 200
27-28 実習:  ・映像制作   ‐映像作品のブラッシュアップ   ‐音楽・音響効果の付与   ‐工程表の確認 実習 教員巡回による相談指導 復習:映像作品のブラッシュアッ プ 200
29-30 ・作品の合評 振り返り  ・映像作品合評  ・絵コンテ②(最終版)の 提出 自己点検 *