|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 建築学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
建築設計Ⅱ
Architectural Design Studio II
4 A017-01 2021年度
4期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.建築設計 2.空間構成 3.機能構成 4.敷地条件・地域連携 5.プレゼンテーション 建築設計 I で学んだ内容を発展させ、2課題の建築の設計を通して、建築設計の基礎的手法 を習得する。ゾーニングや動線計画から、形態・空間・安全性・快適性・周辺環境などに配 慮した一連の設計作業を習得すると同時に、より豊かな図面表現の技術を学ぶ。
授業の概要および学習上の助言
(1)幼稚園                  (2)ゲストハウス  1.課題説明                 1.課題説明  2.夏休み課題(模型、レポート)の提出    2.ゲストハウスの機能と空間構成  3.幼稚園の機能と空間構成          3.都市と建築の関係性  4.内部・外部空間における遊び空間のあり方  4.エスキス1〜3  5.エスキス1〜3              5.エスキスの完成  6.エスキスの完成              6.課題提出  7.課題提出   なお、課題内容については、変更の可能性もあります。 また、自己点検授業において、提出された作品に関し、全体講評と優秀作品の作成者による解説及び講評を行なう。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
・必ず提出期限を守るようにする。 ・複合建築の機能を理解できるよう、日ごろから動線や機能配置などを観察する。 ・エスキスに十分時間をかけ、基礎的な知識を作業の中で身につける様に努力する。 ・良い建築を理解するため、できるだけ雑誌などに紹介されている建築を実際に見に行く。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
I,K 課題対象の建築において、機能、動線、配置を理解した上で計画ができる。
L 敷地の特性や外部の環境・ランドスケープ、都市と建築物を関連付けて考えることができる。
I,K 基本的な空間構成と構造とを理解して設計ができる。
J 自分が設計した建築物の必要十分な図面表現や模型作成ができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 20 0 80 0 0 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 20 0 80 0 0 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 10 0 20 0 0 30
思考・推論・創造する力 0 0 10 0 20 0 0 30
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 0 0 30 0 0 30
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 10 0 0 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 建築設計Ⅰの課題の建築模型、模型製作レポートについて、その内容を評価する。
成果発表
(口頭・実技)
作品 設計課題2課題の作品について、その内容を評価する。
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
複合的な機能を持つ建築において、基本的設計要件を機能的に 充分満たし周辺の環境やランドスケープ、都市との関係性を考 慮つつ、良好な建築計画が成立している。これに加え、魅力あ る建築空間が創造されるとともに、独自性のある建築デザイン が提案されている。また図面表現は的確でわかりやすいプレゼ ンテーションとなっている。 複合的な機能を持つ建築において、基本的な設計要件を機能的 に充分満たし、周辺の環境やランドスケープ、都市との関係性 を考慮しつつ、良好な建築計画が成立している。またそれらが 設計図面として正確に描かれている。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1〜2回 ・建築設計Ⅱのオリエンテーション ・「第1課題 幼稚園」課題説明  課題の目的、設計条件、必要諸室、敷地条件、要求 図面などについて説明する。 講義と質疑、自己点検 配布する資料及びパワーポイ ントによる説明 復習:課題を確認し、配布資料を 理解する。 予習:受けた課題に対し、同類事 例を探し研究する。 敷地分析、基本アイデアを考える 。 100 300
3〜4回 ・幼稚園の機能と空間構成  幼稚園の空間構成、計画上の留意点などの基本事項 、および魅力ある幼稚園の事例について説明する。 ・エスキスチェック1  コンセプト、ゾーニング、平面計画を中心としたエ スキス 講義と質疑、自己点検 配布する資料及びパワーポイ ントによる説明 作品集を用い事例を分析する 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:配布資料を復習し、機能的 な配置動線計画について理解を深 める。エスキス1で指摘された問 題点を整理し把握する。 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
5〜6回 ・遊び空間と建築  幼稚園の内部・外部空間における遊び行為の展開と これを受け入れる空間のあり方について説明する。 ・RC造に関する構造的・意匠的な計画および断面図 ・エスキスチェック2  コンセプト、ゾーニング、平面計画を中心としたエ スキス 製図室で演習、自己点検 配布する資料及びパワーポイ ントによる説明 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:配布資料を復習し、幼稚園 の空間構成ついて理解を深める。 エスキス2で指摘された問題点を 整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
7〜8回 ・エスキスチェック3  平面計画をまとめるとともに、外部、内部の関係性 や空間デザインについてエスキスを行いチェックを受 ける。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス3で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
9〜10回 ・エスキスチェック4  平面計画をまとめるとともに、外部、内部の関係性 や空間デザインについてエスキスを行いチェックを受 ける。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス4で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
11〜12回 ・エスキスチェック5  立面、断面を中心にエスキスを作成し、個別にチェ ックを受ける。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス5で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:これまでのエスキスを総合 し図面を完成させる 100 500
13〜14回 ・「第1課題 幼稚園」提出 受け取りに際して、個人別に添削を受ける。 ・「第2課題 ゲストハウス」課題説明   課題の目的、設計条件、必要諸室、敷地条件、要 求図面などについて説明する。 第1課題の提出 講義と質疑、自己点検 配布する資料及びパワーポイ ントによる説明 復習:提出した課題を見直し、第 1課題の反省点をまとめる。第2課 題を確認し、配布資料を理解する。 予習:受けた課題に対し、同類事 例を探し研究する。 100 300
15〜16回 ・ 中間振り返り授業 ・ 第1課題の発表及び講評 ・ 問題点の確認 講義と質疑、自己点検 学生による発表に対して教員 が講評を行う 復習:提出した課題を見直し、第 1課題の反省点をまとめる。 予習:第2課題を確認し、配布資料 を理解する。敷地分析、基本アイ デアを考える。 100 300
17〜18回 ・ゲストハウスの機能と空間構成 ・魅力あるゲストハウスの事例解説 ・エスキスチェック1  コンセプト、機能関連図、ゾーニングを中心とした 概略エスキスを作成する。 講義と質疑、自己点検 配布する資料及びパワーポイ ントによる説明 復習:配布資料を復習し、ゲスト ハウスの空間構成ついて理解を深 める。エスキス1で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
19〜20回 ・エスキスチェック2  コンセプト、ゾーニング、平面計画を中心としたエ スキスを作成する。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス2で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
21〜22回 ・エスキスチェック3  コンセプトを元に、各階平面図を中心にしたエスキ スを作成し、個別にチェックを受ける。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス3で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
23〜24回 ・エスキスチェック4  平面計画をまとめるとともに、立面、断面を中心に エスキスを作成し、個別にチェックを受ける。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス4で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:指摘に基づき改善案をエス キスする。 100 300
25〜26回 ・エスキスチェック5  平面計画をまとめるとともに、立面、断面を中心に エスキスを作成し、個別にチェックを受ける。 製図室で演習、自己点検 教員にエスキスを見せ指導を 受ける 復習:エスキス5で指摘された問 題点を整理し把握する 予習:これまでのエスキスを総合 し要求図面を完成させる 100 500
27〜28回 ・「第2課題 ゲストハウス」提出 ・「総合力」ラーニング  3年生の設計演習科目などに望む心構えや学習態度 について説明する。さらに相互の意見交換を行い、建 築設計に対する意欲向上を図る。 第2課題の提出 講義と意見交換、自己点検 配布する資料やパワーポイン トによる説明と意見交換 復習:提出した課題を見直し、第 2課題の反省点をまとめる。より 高度な建築設計を学ぶ姿勢を理解 する。 200
29〜30回 ・自己点検授業  第2課題の作品の発表、講評会  建築設計Ⅱの総評 製図室での発表および講評 、討議、自己点検 復習: 自己の作品の長所・短所 を反省すると共に、他人の作品を 参考とし、次の課題へ繋げる。 200