|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 メディア情報学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
情報ネットワーク
Information Networks
2 F019-01 2021年度
4期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.コンピュータネットワーク 2.プロトコル 3.TCP/IP 4.インターネットワーキング ネットワーク接続が内部的には階層的なプロトコルに準じていることをまず理解する。その 上で個々の階層の詳細、例えば下位層であればネットワーク機器・伝送媒体・無線の種類と 機能、を段階的に理解していく。とりわけ中間のTCP/IPプロトコルやIPアドレスの 構造など、日常的なWebアクセスなどに欠かせない概念は詳細に論じるので、完全に理解 することが望まれる。
授業の概要および学習上の助言
 本授業は、ネットワークの構造や通信手順の基本を学ぶことに主眼をおく。今日のWebを使った多様なサービスも、その実 現にはネットワークの知識が欠かせないので、本講義の内容は十分に理解することが重要である。科目の概要は以下の通りで ある。 1. コンピュータネットワークとは   ネットワークの構成要素、通信形態、プロトコル階層について学習する。 2. プロトコルの仕組み   アプリケーション層/トランスポート層/ネットワーク層/データリンク層/物理層のプロトコル構造について理解する。 3. LAN   インターネットの基本となるLANの構造、インターネットワーキングについて学習する。 4. インターネットの運用   診断用コマンドを利用した障害切り分けの方法、セキュリティについて学ぶ。  本講義は知識の習得を目指した座学が中心になるが、ネットワーク保守に関連した様々なコマンド類を試行して、得られた 知識が確実なものとなるように工夫されている。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:スラスラわかるネットワーク&TCP/IPのきほん 第2版[SBクリエイティブ] 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
 サーバ管理入門の単位を取得していることが望ましい。授業の開始にあたり、担当教員が使用する学習管理システム(LMS) の指定を行うので、早期に習熟すること。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
I,J 1. ネットワークプロトコルの階層構造を説明できる。
I,J 2. 情報ネットワークを構成する機器、伝送媒体の機能や物理的構造を説明できる。
J 3. IPアドレスの構造やフレーム構成を説明できる。
J 4. LANの運用や保守に係るコマンド、セキュリティなど技術用語の意味を説明できる。
J 5. Webや電子メールなどのネットワークアプリケーションについて説明できる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 40 30 20 0 0 0 10 100
指標と評価割合 総合評価割合 40 30 20 0 0 0 10 100
総合力指標 知識を取り込む力 20 20 10 0 0 0 0 50
思考・推論・創造する力 20 10 10 0 0 0 0 40
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 0 0 0 0 0 0
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 10 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験  教科書の内容、および関連して教員が講義で説明した内容についての、理解度を評価する。実施方法は オンライン試験、または筆記試験となるが、詳しいことは担当教員から指示される。
クイズ
小テスト
 オンライン試験または筆記による小テストを実施する。詳細は担当教員から指示される。
レポート  講義の進行段階に応じて、複数回、課題を提示し、それに基づき作成されたレポートを評価する。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 学習態度 : 出欠状況、課題の提出状況などで評価。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
■与えられた機材と制約のもとで、小規模なLANを自ら構築す ることができる ■必要に応じて最適なネットワーク機器を選択することができ る ■各レイヤの特徴を十分に説明することができる ■ネットワークに関連した諸問題について、自ら原因を探る ことができる。 ■LAN機器のネットワーク接続に係る基本機能を説明できる。 ■ネットワークの各レイヤの基本機能について簡潔に説明でき る。 ■通信伝送媒体の物理的・論理的条件を簡潔に説明できる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
01 コンピュータネットワークの世界 01 コンピュータネットワークとは 02 何に役立つか 03 サーバとクライアント 04 パケット交換 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書01章を熟読する。 60
01 コンピュータネットワークの世界 05 階層モデル 06 4つの層 07 通信ルール 08 インターネットの影響 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書01章を熟読する。 60
02 ネットワークのサービスとアプリケーション層 01 アプリケーション層 02 HTTP 03 Webサービス 04 クッキー 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書02章を熟読する。 60
02 ネットワークのサービスとアプリケーション層 05 電子メール 06 ファイル共有 07 FTP 08 遠隔操作 講義と演習 小テストによる振り返り 教科02章を熟読する。 60
03 トランスポート層 01 役割 02 ポート番号 03 仕組み 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書03章を熟読する。 60
03 トランスポート層 04 UDP 05 netstatコマンド 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書03章を熟読する。 60
04 インターネット層とルーティング 01 役割 02 IPv4とIPv6 03 IPアドレス 講義と演習 小テストによる振り返り 中間試験の予告 教科書04章を熟読する。 これまでの内容を復習する。 60 120
中間試験 試験の実施方法は担当教員の 指示に従うこと これまでの内容を復習する。 30
04 インターネット層とルーティング 04 ルーティングとは 05 プロトコル 06 ICMP 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書04章を熟読する。 60
10 05 ネットワークインタフェース層とハードウェア 01 役割 02 MACアドレス 03 イーサネット 04 ハブ 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書05章を熟読する。 60
11 05 ネットワークインタフェース層とハードウェア 05 無線LAN 06 ARP 07 FTTx 08 PPP 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書05章を熟読する。 60
12 06 セキュリティ 01 ネットワークセキュリティ 02 共通鍵と公開鍵 03 電子証明書と電子署名 04 SSL/TLS 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書06章を熟読する。 60
13 06 セキュリティ 05 SSH 06 ファイアウォール 07 無線LAN 08 VPN 講義と演習 小テストによる振り返り 教科書06章を熟読する。 60
14 期末試験 試験の実施方法は担当教員の 指示に従うこと。 期末試験の結果を振り返る。 30
15 授業のまとめ 講評 授業アンケート