|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 建築学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門プロジェクト科目
専門プロジェクト
プロジェクトデザインⅢ(下川雄一研究室)
Design Project III (Shimokawa Yuichi)
8 A921-04 2021年度
通年
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.建築設計 2.ものづくり 3.BIM・xR 4.デザイン科学 5.地域連携 「建築設計・計画・意匠、(中略)に関するより高度な専門的な知識を持ち、それを実務に 応用することができる」という学科の教育目標の最終段階として、デザイン性に優れたオリ ジナリティの高い建築空間を「作品」として提示すること、もしくはBIM・xR・プログラミ ング等のデジタル技術を応用した各種建築技術の情報化に関する「研究」や「課題」に取り 組むことを目標とする。
授業の概要および学習上の助言
1)プロジェクト活動の推進とレポート作成 「作品」の場合:テーマ検討、建築作品・書籍・敷地等の調査、プロジェクトの実施計画、企画設計 「論文」の場合:テーマ検討、既往研究の調査、プロジェクトの実施計画、研究の実践と結果の分析 2)PDⅢの中間発表審査会で成果を発表し、評価を受ける。 3)最終成果物の作成 「作品」の場合:最終的な設計案を作成し、図面と模型を作成する 「論文」の場合:最終的な研究成果をまとめ、論文を執筆する 4)PDⅢの公開発表審査会で成果を発表し、そこでの評価と合否判定を受ける。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
PDⅢは様々な知識・技術・感性の総合化である。個々の授業や課外活動で学んだ知識・技術および自身の経験や感覚に基づき 、更なる知識・技術の向上や考察の深化を図りながら、本質的な問題解決に取り組む姿勢が重要である。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
G,P,Q 自らが設定したテーマに対して目標や活動計画を立て、調査や資料収集を行うことができる。
I,K,P,Q 建築や、それを取り巻く地域や環境をより総合的に理解することに努め、具体的な提案や活動を行うことができる。
K,P,Q 建築における各種デジタルメディアを活用し、建築設計や計画支援技術の提案に応用することができる。
J,Q,R 活動成果を反映したプロジェクトレポート(作品もしくは論文)を作成することができる。
Q,R プロジェクトの成果や要点を、わかりやすくプレゼンテーションすることができる。
S 実社会や建築産業界の調査を踏まえ、自らの進むべき進路を考え、それと関連付けてPDⅢのテーマを検討できる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 50 50 0 0 0 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 50 50 0 0 0 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 10 10 0 0 0 20
思考・推論・創造する力 0 0 10 10 0 0 0 20
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 10 10 0 0 0 20
発表・表現・伝達する力 0 0 10 10 0 0 0 20
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 10 10 0 0 0 20
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート (論文)(作品設計) ゼミ内での成果発表、学科内の中間発表、全学での公開発表審査会での成果物の達成度を評価する。成果 物とは、研究においてはレポートや論文、作品設計においては図面や模型とする。学科内の中間発表で審 査を受けなければ公開発表審査会に参加することができない。
成果発表
(口頭・実技)
(論文)(作品設計) ゼミ内での成果発表、学科内の中間発表、全学での公開発表審査会での発表内容と質疑応答の内容で評価 する。PDⅢの単位認定は公開発表審査会での合格が必須である。
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
プロジェクトテーマについての調査と分析を踏まえ、有意義な テーマ設定ができる。テーマに即した問題の設定や解決策の検 討を適切に行える。実施した活動を論理的な論文(もしくは魅 力的な作品)としてまとめることができる。プロジェクトの要 点や成果をわかりやすくプレゼンテーションすることができる 。 プロジェクトテーマについての調査と分析を踏まえ、テーマ設 定ができる。テーマに即した問題の設定や解決策の検討を行え る。実施した活動を論文(もしくは作品)としてまとめること ができる。プロジェクトの要点や成果をプレゼンテーションす ることができる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 ガイダンス 前学期の作品設計および研究に関する活動方針説明 ゼミ全体でのデザインプロジェクト活動内容の説明 講義・質疑応答 復習 予習 600 600
2-7 ・研究と設計でそれぞれゼミを実施し、指導 ・全員でデザインプロジェクトのミーティングや指導 発表・議論、自己点検 (研究・設計)情報収集・分析と レポート作成 (プロジェクト)情報収集・分析 とデザイン提案 5400 5400
8 前学期の前半の成果発表と議論 前学期前半の達成度を踏まえた前学期後半の活動に関 する講義 【総合力ラーニング】 【振り返り授業】 前学期前半の達成度確認 今後の活動計画 600 600
9-14 ・研究と設計でそれぞれゼミを実施し、指導 ・全員でデザインプロジェクトのミーティングや指導 発表・議論、自己点検 (研究)情報収集・分析とレポー ト作成 (設計)設計案の検討とエスキス (プロジェクト)デザイン提案と 実現方法の検討 5400 5400 5400
15 前学期の成果発表と議論 前学期前半の達成度を踏まえた前学期後半の活動に関 する講義 【総合力ラーニング】 【振り返り授業】 前学期の達成度確認 後学期の活動計画 600 600
16 後学期ガイダンス 後学期の作品設計および研究に関する活動方針説明 講義・質疑応答 復習 予習 600 600
17-22 研究と設計でそれぞれゼミを実施 (研究)実験や分析の指導 (設計)コンセプトとエスキスのチェック 発表・議論、自己点検 (研究)実験実施とレポート作成 (設計)設計案の検討とエスキス 10800 10800
23 学科内中間発表の参加 中間発表までの達成度確認と議論 後学期前半の達成度を踏まえた後学期後半の活動に関 する講義 【総合力ラーニング】 【振り返り授業】 後学期前半の達成度確認 今後の活動計画 600 600
24-29 研究と設計でそれぞれゼミを実施 (研究)研究内容のまとめ方と論文の指導 (設計)デザイン・図面・模型の指導 発表・議論、自己点検 (研究)実験のまとめと論文執筆 (設計)設計図面・模型の作成 14400 14400
30 全学のPDⅢ公開審査会の参加 達成度確認と議論 成果物の仕上げやデータ整理に関する説明 【総合力ラーニング】 【振り返り授業】 前学期の達成度確認 成果物の仕上げとデータ整理 600 600