|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 環境土木工学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
環境土木専門実験・演習A
Civil and Environmental Engineering Major Lab/Exercises A
3 E733-01 2022年度
5期(前学期)
6期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.構造力学 2.土質力学 3.鉄筋コンクリート工学 4.実験 5.演習 これまでに学修した「構造力学」「土質力学」および「鉄筋コンクリート工学」について、 講義で修得した知識を実際の現象として理解し応用できる能力を、実験・演習を通して身に つける。
授業の概要および学習上の助言
「はりのデザイン」6週、「土の性質」5週 、「鉄筋コンクリートはりの挙動」3週、「分野横断の総合演習」1週により構成 されます。授業スケジュールの詳細は、第1回目の授業で説明します.なお、適宜、e-シラバスや教材配信システムにてレポ ート等の参考資料を配布しますので、期日までにダウンロードしてください. また、構造力学ⅠとⅡ、土質力学ⅠとⅡ、環境材料学と鉄筋コンクリート工学を修得し、復習しておくこと。 不明な点があ ったら、教科書やノートを参考図書として再確認していくこと。 チューターを利用して、SAやTAに相談することが有効であ る。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:2022年度 環境土木専門実験・演習AB[金沢工業大学] 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
1.許容応力度設計法、部材の断面諸量、断面力算定、応力とひずみの関係、曲げ変位の考え方 2.コンシステンシー限界試験と圧密との関係、圧密試験とその解釈、実験結果からの適切なパラメータの決定 3.コンクリートの配合、圧縮強度、鉄筋コンクリートはりの曲げ
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
F,J,K 実験内容を座学の知識で適格に説明できる。[F,J,K0.5]
F,J,K 実験データを工学的に把握し、図化する。[F,J,K0.5]
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 65 5 0 0 30 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 65 5 0 0 30 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 20 0 0 0 10 30
思考・推論・創造する力 0 0 15 0 0 0 0 15
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 10 10
発表・表現・伝達する力 0 0 15 5 0 0 0 20
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 15 0 0 0 10 25
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 実験・演習内容や結果を座学の知識を踏まえて説明し、合理的な結論や考察を導ける。
成果発表
(口頭・実技)
実験・演習内容や結果を把握して、的確に説明できる。
作品
ポートフォリオ
その他 技術者倫理に則り、積極的に実験・演習を遂行できる。 チームで、所定の性能を有するコンクリートを作製できる。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
構造力学、土質力学、鉄筋コンクリート工学の座学で学んだ理 論を実験・演習によって検証し、その現象を応用できる. 構造力学、土質力学、鉄筋コンクリート工学の座学で学んだ理 論を実験・演習によって確認し、その現象を理解できる.
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1-2 はりのデザイン ・ガイダンス ・構造力学のふり返り1 講義、演習、 セルフチェック 許容応力度設計法に関するふり返 り 課題レポートの作成 200
3-4 はりのデザイン ・構造力学のふり返り2 講義、演習 セルフチェック 許容応力度設計法に関するふり返 り 課題レポートの作成 200
5-6 はりのデザイン ・バルサ材を用いた曲げ実験と演習 実験、演習 セルフチェック 実験手順の確認 課題レポートの作成 80 120
7-8 はりのデザイン ・形鋼を用いた曲げ実験と演習1 実験、演習 セルフチェック 実験手順の確認 課題レポートの作成 80 120
9-10 はりのデザイン ・形鋼を用いた曲げ実験と演習2 実験、演習 セルフチェック 実験手順の確認 課題レポートの作成 80 120
11-12 はりのデザイン ・形鋼を用いた曲げ実験と演習3 実験、演習、レポート提出、 ふり返り ふり返り はりのデザインの総括 200
13-14 土の性質 ・ガイダンス ・含水比測定の仕方 ・土粒子密度試験 実験、演習 実験方法の予習 実験結果のまとめ 100 100
15-16 土の性質 ・土粒子密度試験結果のまとめ ・液性・塑性限界試験 実験、演習 実験結果のまとめと考察 実験方法の予習 120 80
17-18 土の性質 ・液性・塑性限界試験結果のまとめ ・試験結果の考察 実験、演習 実験結果のまとめと考察 応用方法と圧密試験との関係 120 80
19-20 土の性質 ・圧密試験 ・試験結果の整理 実験、演習 圧密試験方法の予習 実験データの整理 80 120
21-22 土の性質 ・圧密試液性験結果のまとめ ・塑性限界試験結果と圧密試験結果の比較 ・適切なパラメータ決定のための演習 演習、レポート提出、 ふり返り 土の性質の総括 圧密沈下計算の方法 実験レポートの作成 60 60 80
23-24 鉄筋コンクリートはりの挙動 ・ガイダンス ・計画配合と現場配合の計算 あるいは 供試体の曲げ破壊の実験と演習 講義、演習 配合計算の予習 配合計算の復習 40 40
25-26 鉄筋コンクリートはりの挙動 ・供試体の作製 あるいは コンクリートコンテスト と供試体の曲げ変形の実験と演習 実験、演習 実験手順の確認 レポートの作成 40 80
27-28 鉄筋コンクリートはりの挙動 ・圧縮強度の測定 あるいは 塩分浸透の測定 実験、演習、レポート提出、 発表、ふり返り 発表の準備 鉄筋コンクリートはりの挙動の総 括 80 60
29-30 総合演習 ・レポート返却と講評 自己点検、質疑、アンケート 回答 実験演習で利用したノートやデー タを整理する。 90