|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 情報工学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
その他科目
その他
進路セミナーⅠ
Career Planning Seminar I
1 E946-01 2022年度
5期(前学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.キャリアデザイン 2.自己分析 3.職業と人生 4.自己啓発 5.地域連携 自分の将来の進路、技術者としての職業観の形成を計るとともに、自分に適した進学・就職 の目標を設定すること、およびその目標を達成するために必要な準備・対策に自主的かつ意 欲的に取り組むことを目的とする。主な課題は次の2つである。1.就職活動を始めるに当た って必要な自己分析を行って、自分のことをしっかりと把握する。2.資格取得、一般常識、 総合適性検査(SPI)など準備・対策に比較的長期を要する課題に計画を立てて着手する 。
授業の概要および学習上の助言
 この授業は、情報工学科の3年生に対して実施され、授業の概要は以下のようになっている。 1. 進路ガイダンス/キャリアデザインの奨め 2. セールスポイントの書き方講座及び演習 3. 資格取得・自己分析の奨め(過去・現在)&(長所・短所) 4. 就職模擬試験:SPI等の対策 5. 講演Ⅰ:外部講師(地元企業等の担当者)による講演 6. 講演Ⅱ:外部講師(地元企業等の担当者)による講演 7. 講演Ⅲ:外部講師(地元企業等の担当者)による講演 8. 講演Ⅳ:外部講師(地元企業等の担当者)による講演 9. 講演Ⅴ:外部講師(就活コンサルタント)による講演 10. 自己点検及び各自のセールスポイントの添削結果の確認  (注意:講師の都合により、正規の授業時間以外で実施することがある。その場合、授業明細の変更もありうる。)
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
今年度前学期に開講する進路セミナーⅠは、今後の就職活動に向けての講義で、現状の厳しい就職戦線に対する対策・準備を するために開講するものです。就職活動の心構えや就職試験の準備を行う学習として、学生諸君には進学・就職にかかわらず 全員が受講する必要があります。また、この学習結果は来年度の就職斡旋の参考資料となります。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
A,B,P 人生設計と進路との関係を自ら深く考察できる。
A 自分に適する進路を発掘すべく、それに必要な思考や行動ができる。
A 進学・就職など自分の進路に関する方針や目標を、他人にも理解できるように論理的に説明できる。
A,B,P 進路に対する目標を達成するために必要な知識、能力、素養、資格などを調査し、自ら準備・対応ができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 36 0 0 0 64 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 36 0 0 0 64 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 0 0 0 0 12 12
思考・推論・創造する力 0 0 12 0 0 0 12 24
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 12 0 0 0 0 12
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 12 0 0 0 40 52
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート ・授業後に提出される聴講ノートおよび課題に対するレポートへの取り組みを総合的に評価する。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 授業中の態度、出欠状況および学習意欲等を総合的に評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
・人生設計と進路との関係を自ら深く考察できる。 ・自分に適する進路を発掘すべく、それに必要な思考や行動が できる。 ・進学・就職など自分の進路に関する方針や目標を、他人にも 理解できるように論理的に説明できる。 ・進路に対する目標を達成するために必要な知識、能力、素養 、資格などを調査し、自ら準備・対応ができる。 ・人生設計と進路との関係を自ら考察できる。 ・自分に適する進路を発掘すべく、それに必要な思考ができる 。 ・進学・就職など自分の進路に関する方針や目標を他人に説明 できる。 ・進路に対する目標を達成するために必要な知識、能力、素養 、資格などを調査し、自ら準備できる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1回 進路セミナーガイダンス キャリアデザインの奨め 講義と質疑 復習 50
2/3回 セールスポイントの書き方 自己分析(過去・現在 & 長所・短所) 講義・質疑と演習 自己分析シートの作成 『私のセールスポイント』の作成 ・提出 100
4回 資格取得について 講演・質疑 復習 50
5/6回 外部講師による講演Ⅰ 講演 講演内容の復習 100
7/8回 外部講師による講演Ⅱ 講演 講演内容の復習 100
9/10回 外部講師による講演Ⅲ 講演 講演内容の復習 100
11/12回 外部講師による講演会Ⅳ 講演 講演内容の復習 100
13/14回 SPI模擬試験 模擬試験 解答を参考に復習する 100
15回 外部講師による講演会Ⅴ 自己点検 講義と質疑 返却された添削結果を見直す 50