|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 心理科学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
心理科学専門実験・演習B
Psychological Science Major Lab/Exercises B
3 F336-01 2022年度
5期(前学期)
6期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.プログラミング 2.刺激-反応関係 3.分散分析 4.脳機能計測 5.生体情報計測 「プログラミングと心理実験」では、MATLABを用いた実験用プログラム作成、実験実施とデ ータ処理(分散分析)に至る一連の作業を実習する。「脳機能・生体情報計測」では、脳活 動測定装置を用いた脳機能計測および生理計測装置による生体情報計測を実施し、データ分 析の実習をする。
授業の概要および学習上の助言
【認定心理士対応科目】 感性や認知システムを解明するためには,人間が表す顕在的行動指標のみならず,脳活動や生理的指標といった潜在的指標を 計測,解析することが不可欠である.本科目の「プログラミングと心理実験」では,パーソナルコンピュータによって実験を 作成し行動的指標を収集する一般的な認知心理学実験を体験し,その手法を理解する.「脳機能・生体情報計測」では,近年 研究例が増加している人間の脳機能および生理情報計測実験を体験する.いずれも、実習・実験のみならず実験結果のプレゼ ンテーション、実験レポート作成を含む総合的ラーニング科目である。また、中間振り返りとして、それぞれの実験の中間で 、実験レポートを作成する。これら2つの実験方法は単独で用いることはもちろん,併用することで人間の感性・認知システ ムの理解にきわめて重要であるため,プロジェクトデザインⅢに向けて十分理解しておく必要がある.
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
履修済みの統計関係科目について十分復習をしておくこと. 履修済みのプログラミング関係科目,特に心理学のためのプログラミングIIの内容について十分復習しておくこと. 心理学のためのプログラミングIIを未履修の学生は,事前に担当教員に相談しておくこと.
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
F,G,H,I,J パーソナルコンピュータ上で実験を実施するためのプログラムを理解し,作成することが出来る.
F,G,H,I,J 反応時間,誤答率などの行動指標を適切に解析することができる.
J 脳機能計測・生体情報計測の基礎を説明することができる.
F,G,I,J,K,L 基本的な脳機能計測・生体情報計測を行い,データ処理を行うことができる.
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 25 50 15 5 0 5 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 25 50 15 5 0 5 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 10 0 0 0 0 0 10
思考・推論・創造する力 0 10 25 0 5 0 0 40
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 5 0 0 0 5
発表・表現・伝達する力 0 5 25 10 0 0 0 40
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 5 5
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
実験計画の作成およびプログラミング能力についてクイズによって評価する.
レポート 実験内容および実験データに関する理解とデータ解釈の適切性をレポートの内容によって評価する.
成果発表
(口頭・実技)
実験への取り組み,実験結果のプレゼンテーション能力を口頭発表によって評価する.
作品 プログラミングで作成した実験を作品として評価する.
ポートフォリオ
その他 活動全般に取り組む姿勢を総合的に評価する.
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
適切なプログラムを作成して行動実験を実施し,適切なデータ 解析を行うことができる.また人間の脳活動および生理反応を 計測し,データ解析を行うことができる. 既存のプログラムを用いて行動実験を実施し,適切なデータ解 析を行うことができる.また脳機能計測、生体情報計測に関わ る実験手順を理解することができる.
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 ガイダンス 「プログラミングと心理実験」 心理実験と実験計画 講義と実習 ガイダンスの内容により、これま での科目で復習が必要だと感じた 内容を確認しておく。 予習:実験計画について復習して おく 30 45
2 「プログラミングと心理実験」 プログラミングの復習 講義と実習 自己点検 予習:プログラミング科目を復習 しておく 復習:プログラミング実習内容を 復習しておく 45 45
3 「プログラミングと心理実験」 実験1の作成 実習 復習:作成した実験プログラムの 動作確認を行う。 45
4 「プログラミングと心理実験」 統計解析について 実験1の実施 講義と実習 自己点検 予習:分散分析について復習して おく 45
5 「プログラミングと心理実験」 2要因実験計画について 実験2の作成 講義と実習 実験1の結果を確認し、実験2の内 容について考えておく 45
6 「プログラミングと心理実験」 多要因の分散分析について 実験2の実施 講義と実習 分散分析について復習しておく 45
7 「プログラミングと心理実験」 個人別プレゼンテーション 実習 自己点検 脳機能計測マニュアルの予習 60
8 「脳機能・生体情報計測」 脳機能計測と生体計測から分かること 計測方法について 講義 実習 課題:実験課題レポート 復習:計測方法についての復習 60 30
9 「脳機能・生体情報計測」 計測実習 課題の決定 実習 予習:課題の準備 復習:計測方法についての復習 60 30
10 「脳機能・生体情報計測」 予備実験実施 データ解析について 講義 実習 課題:データ解析実施 60
11 「脳機能・生体情報計測」 実験実施1 データ解析 実習 復習:解析結果の確認 60
12 「脳機能・生体情報計測」 実験実施2 データ解析 実習 復習:解析結果の確認 60
13 「脳機能・生体情報計測」 データ解析のまとめ プレゼンテーションの準備 実習 課題:レポート作成 120
14 「脳機能・生体情報計測」 プレゼンテーション 発表 ディスカッション 自己点検 復習:発表へのフィードバックの 復習とレポートへの反映 30
15 自己点検 授業アンケート 自己点検 授業アンケート 実習全般を通して学んだことの復 習 60