|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 メディア情報学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
その他科目
その他
進路セミナーⅠ
Career Planning Seminar I
1 F941-01 2022年度
5期(前学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.キャリアデザイン 2.自己分析 3.職業と人生 4.自己啓発 5.地域連携 自分の将来の進路について考え、自分に適した進学・就職の目標を設定し、その目標達成の ために必要な準備・対策に自主的かつ意欲的に取り組むことができるようになる。中心とな る課題は次の2つである。(1)就職活動を始めるに当たって必要な自己分析を行って、自分 のことをしっかりと把握する。(2)資格取得、適性検査、一般常識など準備・対策に比較的 長期を要する課題に計画を立てて着手する。また更に、地域志向研究プロジェクトの成果を 紹介し、メディア情報学科で学んだことが地域でどのように活かせるかについても考える。
授業の概要および学習上の助言
下記の項目を学習します。 1.キャリアデザインの奨め 2.小論文の書き方 3.自己分析 4.適性検査 5.自己点検 6.メディア情報学科で学んだことを地域で活かす
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
前学期と後学期に開講する進路セミナーⅠ、Ⅱは、来年度の進路活動に向けての講義であり、厳しい就職・進学に対する対策 ・準備をするために開講するものです。進路活動の心構えや就職・進学の準備を行う学習として、学生諸君には進学・就職に かかわらず全員が受講する必要があります。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
A,B,O 人生設計と進路との関係を自ら深く考察できる。
A,O 自分に適する進路を発掘すべく、それに必要な思考や行動ができる。
A 進学・就職など自分の進路に関する方針や目標を、他人にも理解できるように論理的に説明できる。
B,O 進路に対する目標を達成するために必要な知識、能力、素養、資格などを調査し、自ら準備・対応ができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 80 0 0 0 20 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 80 0 0 0 20 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 25 0 0 0 0 25
思考・推論・創造する力 0 0 25 0 0 0 0 25
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 30 0 0 0 0 30
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 20 20
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 課題レポートの提出内容に基づき評価する。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 授業への出席回数や討論への参加を評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
自己分析が客観的にでき、自分の進路について明確な目標を持 つことができる。 自分の進路について目標を持つことができる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 ・進路セミナーガイダンス ・前年度の進路結果 ・自己分析のガイダンス  長所・短所・趣味の分析(就職ノート15ページ)、 理想の自分(就職ノート17ページ), 職業観(就職ノ ート18ページ) ◇セールスポイントの書き方(LC)  LCポータルの提出用フォーマット「私のセールスポ イント」を使用 ・講義 ・ガイダンスについては、就 職ノートを配布する。 ・自己点検 復習: ・授業内容を配布プリントとノー トを参照しながら復習して、自分 の進路について考える。 ・自己分析について復習する。 課題:  「私のセールスポイント」レポー トの作成 180
2 ☆外部講師による就職戦線概況  情報系業界研究と次年度に向けての就職活動  聴講ノートを記述、提出 ・講義と質疑応答 ・聴講ノートの記述 ・自己点検 復習: ・今年度の就職概況を把握し、来 年度の進路選択に有効活用を考え る。 60
3 ☆模擬試験1 一般常識試験 SPI試験(言語) ・講義 ・試験 ・試験の解説 ・自己点検 復習: ・時間切れでできなかった問題に 取り組む。間違った問題をやり直 す。 ・試験結果を総合的に自己評価し 、実力向上の対策をたてる。 120
4 ☆卒業生による就職体験談(IT企業、コンテンツデザ イン企業)  就職活動、仕事  メディア情報学科で学んだことを地域に活かす。  聴講ノートを記述、提出 ・講義と質疑応答 ・聴講ノートの記述 ・自己点検 復習: ・卒業生による就職体験談を来年 度の進路活動に有効活用する方法 を考える。 60
5 ☆模擬試験2 SPI試験(非言語) プログラマー適性試験 ・講義 ・試験 ・試験の解説 ・自己点検 復習: ・時間切れでできなかった問題に 取り組む。間違った問題をやり直 す。 ・SPI試験の結果を総合的に自 己評価し、実力向上の対策を立て る。 120
6 ・業界研究 ・インターンシップ ・講義、質疑 ・聴講ノートを記述 ・自己点検 復習: 自分の志望する業界について研究 する。また、インターンシップに ついて調査する。 180
7 ◇「私のセールスポイント」(添削結果の返却と確認) ・進路活動の仕方 ・メディア情報学科の進路指導体制の説明 ・自己点検授業  授業のまとめ  授業アンケート ・発表 ・討論 ・講義と質疑応答 ・授業アンケート ・自己点検 まとめ: ・授業全体を振り返り、総復習す る。 ・授業目標の達成度を反省し、残 された課題、新たに見えた課題を 整理する。 90