|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 環境土木工学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
測量学Ⅰ
Surveying I
2 E703-01 2022年度
1期(前学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.測量士・測量士補 2.測量法 3.距離・方位・標高 4.測量誤差 5.空間情報工学・地域連携 測量に関する法律、公共測量作業規程や測量に関する基礎的な知識を身につけるとともに、 観測値処理、距離測量、水準測量、などの各種測量方法の原理、使用機器、特性など、測量 の基本について学習する。新しい測量技術であるGNSSおよびGISなどの空間情報工学 については紹介にとどめ、詳細は測量学Ⅱで学ぶ。また、本学が地域連携の一環として野々 市市の小中学生対象に行っているサイエンスセミナー(カメリアキッズ)について、野々市市 の担当者から説明を聞くとともに実施テーマについて考える。
授業の概要および学習上の助言
各授業ごとの演習、測量士・測量士補国家試験問題解答および「剱岳 点の記」鑑賞はCLIP学習プロセスの「総合力」ラ ーニング(以下、アクティブラーニングと記述)に該当する。測量方法は多岐にわたっているが、基本測量から応用測量まで 広範な分野を演習を取り込みながら進める。また、最新の測量機器の紹介およびGNSS,リモートセンシングや地理情報シ ステムの応用については第1回目のオリエンテーションで触れるが内容の詳細は測量学Ⅱでの授業となる。更に、本学が地域 連携の一環として野々市市在住の小中学生に実施しているサイエンスセミナー(カメリアキッズ)のセミナー内容を考える。 1.「総説」測量の発達史、空間情報工学、地域連携サイエンスセミナー(カメリアキッズ)の概要説明 2.「測量に関す る法律」測量関連法令、改正測量法、公共測量作業準則および公共測量作業規程、測地成果2000 3.「観測値の処理」 観測値の誤差、誤差伝播、誤差伝播の計算方法、最小2乗法、観測値の処理、観測値の処理の計算方法、ラジアンと度の変換  4.「距離測量」距離測量の概念、直接距離測量、距離測量の誤差、光波測距儀、スタジア測量の原理 5.「水準測量」 水準測量の分類、水準測量の用語の定義、直接水準測量、間接水準測量、レベルの種類と道具 6.上記1から6の項目に関 する測量士補国家試験問題の演習を実施する(国家資格認定との関連)(上述の内容を以下の授業明細(授業回数)に従って 授業するが、授業明細は映画鑑賞により変更することがある。また授業の中間あたりで振り返りのための演習および小テスト 行う。中間振り返り授業では、野々市市情報文化振興財団より講師を招いて、サイエンスセミナーの意義と目標についての説 明を聞くとともに、カメリアキッズのテーマを考える。更に、原則として、毎時間シニアSA・シニアTAによる教室および Knoledge Squareでの【自己点検】を実施する。各時間における【自己点検】において臨時チュータを行った学生は「その他 」に加点する。新型コロナ感染症の状況による最新情報はe-シラバスを参照してください。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:エース測量学[朝倉書店]、空間情報工学概論 改訂版[日本測量協会] 参考書:指定なし リザーブドブック:地図力かこもん[日本地図センター]、公共測量作業規程の準則[日本測量協会]
履修に必要な予備知識や技能
・本科目の履修では「環境・建築大意」の内容を習熟していることが望ましい。また、「測量実習・演習Ⅰ、Ⅱ」の受講に不 可欠であるとともに「空間情報工学」の受講に役立つ。・「測量実習・演習Ⅰ、Ⅱ」を履修することによってこの講義の内容 を、具体的な応用として体得することができる。・表計算のワークシートを作成することによって、多くの測量計算に応用で きるので、表計算ワークシートを作成する課題を出題する。・講義中にパワーポイントなどで表示した内容についてはポート フォリオに掲載する。本科目の履修は測量士補国家資格の認定に密接に関係する
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
L 各種測量方法および空間情報工学の原理、使用機器の特性について説明できる。(0.1L)
L 地形に応じた測量方法や目的に応じた測量方法を正しく選択できる。(0.1L)
H,M 「空間情報工学」や「設計・計画」の見識を一層深めることができる。(0.1H,0.1M)
L,M 測量士・測量士補の国家試験のうち基礎および応用の問題を解くことができる。(0.1L,0.1M)
L,M 測量および空間情報工学の重要性について、専門基礎能力との関連を含めて説明することができる。(0.1L,0.1M)
L,M サイエンスセミナーの内容を検討することにより、本学の地域連携に対する意識を深めることができる(0.1L,0.1M)
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 30 30 30 0 0 0 10 100
指標と評価割合 総合評価割合 30 30 30 0 0 0 10 100
総合力指標 知識を取り込む力 15 10 15 0 0 0 0 40
思考・推論・創造する力 15 10 15 0 0 0 0 40
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 10 0 0 0 0 0 10
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 10 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 測量の数学的基礎、観測値の処理、距離測量および水準測量に関する理解度を測る。問題には測量士、測 量士補の国家試験問題も含まれる。試験は測量士・測量士補国家試験に準じて筆記とマークカードを併用 する。筆記は内容の理解度を評価する。なお、答案はマークカードのため返却しないが、別途正解を配布 して解説し、自己採点ができるように配慮する。新型コロナ感染症の状況による最新情報はe-シラバスを 参照してください。
クイズ
小テスト
小テスト・クイズは適宜実施し、中間における振り返りとして概ね講義時間の半分を終了した時点におい て、それまでに講義した内容の総合演習を実施する。問題には測量士、測量士補の国家試験問題が多く含 まれる。また、それ以外に適宜、地図力検定試験問題からのクイズを実施する。Webテストによる自学 自習の評価も含まれる。採点および解説はシニアSA・シニアTAによりKnoledge Squareで実施される 場合がある。新型コロナ感染症の状況による最新情報はe-シラバスを参照してください。
レポート 主なレポート課題は測量法、公共測量作業規程や測地成果2000について講義の理解度、インターネッ トを活用した資料閲覧結果などを報告する。ラジアンと度分秒の変換ができるエクセルシートを作成する 。レポート課題は上記以外のものが加えられることもある。中間振り返り以降にグループディスカッショ ンで討議した地域連携プログラムのレポートについても評価する。新型コロナ感染症の状況による最新情 報はe-シラバスを参照してください。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 その他は主に授業への積極的な参加、【自己点検】の実施、Knoledge Squareでの臨時チュータ、レポー トの取り組み、シニアTA・シニアSAとの試験問題作成などについて評価する。また、技術者倫理に係 わる真摯な姿勢および講義への積極的な参加、地域連携に関する意見などを総合的に評価する(授業に出 席すること自体は特に評価しない)。新型コロナ感染症の状況による最新情報はe-シラバスを参照してく ださい。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
●測量法および公共測量作業規程について適切な説明ができる ●測地成果2000の概要を世界測地系と日本測地系の違いに則し て正確に説明できる。●測量に必要な数学の基礎知識を応用で き、各種測量誤差の処理ができる。最小二乗法や観測値の処理 を正確に応用できる。●ラジアンと度分秒の関係を説明でき、 エクセルを用いて誰もが利用できるワークシートを作ることが できる。●距離測量の概念と誤差について説明でき、各種誤差 の処理ができる。●水準測量の方法について理解し説明でき、 器高式、昇降式野帳が正確に記述できる。●3S技術の概要に ついて説明できるとともに、各技術の応用分野を説明できる。 ●本科目の内容の中から小中学生向け空間サイエンスセミナー のテーマとなりうる項目を選択して教材を作成できる。 ●測量法および公共測量作業規程について知っている。●測地 成果2000の概要を説明できる。●測量に必要な数学の基礎知識 を応用でき、測量誤差の処理ができる。●ラジアンと度分秒の 関係を説明できる。●距離測量の概念と誤差について説明でき る。●水準測量の方法について理解し説明できる。●3S技術 の概要について説明できる。●空間情報工学概論に付録のCD を各自のPCにインストールできる。●本科目の内容と空間サ イエンスセミナーの企画について説明できる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分※
1回 教員の紹介をおこなう。この授業の運営方針を理解し 、測量学で得られる知識と応用方法について理解する 。 出席調査、レポートの提出、臨時試験、達成度確認試 験などの総合評価に係わる内容について確認する。 地域連携サイエンスセミナー(カメリアキッズ)の概 要について説明する。 新型コロナ感染症による最新情報はe-シラバスを参照 してください(第2回以降も同じ)。 授業、質疑と【自己点検】 授業明細に示す「エース」は エース測量学を「概論」は空 間情報工学概論のページを示 す エース:pp.1-3 概論:pp.1-6 新型コロナ感染症による最新 情報はe-シラバスを参照して ください(第2回以降も同じ )。 地域連携サイエンスセミナー(カ メリアキッズ)についてhttp://ww w.kanazawa-it.ac.jp/prj/kankyo u/kameria/で復習する。予習:関 連法規をLC(図書館)で調査す る。(pp.1〜2) 新型コロナ感染症による最新情報 はe-シラバスを参照してください (第2回以降も同じ)。 45 30
2回 測量関係の法令についてその概要を理解する。 測量の重要性を理解するための参考として、測地成果 2000について説明する。 授業、質疑と【自己点検】 測量法に関する説明 エース:pp.8-10 復習:パワーポイント資料の内容 を理解する。 予習:測量関係の法例を詳読する 。(pp.5〜10) 60 30
3回 改正測量法について理解する(1)  測量法による測量業務の内容について     授業、質疑と【自己点検】 リザーブドブック(国土交通 省公共測量作業規程)の説明 エース:pp.8-10 復習:改正測量法について国土地 理院のHPより必要とするところ を熟読する 予習:公共測量作業規程について 調べる リザーブドブック(国土交通省公 共測量作業規程)の活用 50 20
4回 改正測量法について理解する(2)  測量法による測量士補、測量士の資格取得 国土交通省公共測量作業規程について理解する  公共測量作業規程の意味するところ 国土交通省公共測量作業規程について理解する  公共測量作業規程の詳細   (特に、測量実習で実施する内容について) 授業、質疑と【自己点検】 作業規程の準則の演習 リザーブドブック(国土交通 省公共測量作業規程)活用 によるアクティブラーニング エース:pp.8-10 復習:旧測量法との違いついて調 べる。リザーブドブック(国土交 通省公共測量作業規程)の活用 予習:測量の数学的基礎について 予習する。リザーブドブックの( 国土交通省公共測量作業規程)活 用。関連する作業規程について調 べる。 120 30
5回 地球の姿と測量の係わりを理解する。 測量に係わる数学的基礎について学習し、演習を通し て理解する。  観測値の誤差 誤差伝播 誤差伝播の計算方法  最小2乗法 観測値の処理   観測値の処理の計算方法 ラジアンと度  ラジアンと度の変換 授業、質疑と【自己点検】 有効数字に関する演習(アク ティブラーニング) エース:pp11-21 概論:pp.7-10,pp.17-47 復習:最小二乗法、観測値の処理 について理解を深める。(pp.15 〜21) 予習:観測値の誤差とその伝播に ついて詳読る。(pp.13〜15)。 カメリアキッズの概要を予習 60 90
6回 【総合演習】測量の記録映画「劔岳 点の記」鑑賞 ただし、実施時期は授業の進捗にあわせて変更する場 合がある。 (解説と放映時間で約3時間) 映画鑑賞 映画鑑賞の感想の作文 放映時間が約3時間のため、 5,6時間目または土曜日に 補講として実施する場合があ る。 復習:陸軍測地測量部の柴崎芳太 郎について調べる。 予習:Webテストの(Moodle)およ び 地域連携(カメリアキッズ)で採 用可能なテーマについて考える。 60 60
7回 【総合演習】測量の記録映画「劔岳 点の記」鑑賞 (第6回の継続) 第6回に同じ 放映時間が約3時間のため、 5,6時間目または土曜日に 補講として実施する場合があ る。 第6回に同じ
8回 【中間振り返りおよび地域連携に関する野々市市から の説明】 野々市市情報文化振興財団ディレクターか らサイエンスセミナー(カメリアキッズ)の趣旨説明 を受ける(30分)。地域連携サイエンスセミナー(カ メリアキッズ)に採用できるテーマを考えるためのグ ループを作る(30分)。<講師の日程により実施日は 変更の場合がある> 【中間振り返り試験・演習】 小テスト・クイズ エース:p p.1-21野々市市による企画説 明および地域連携空間サイエ ンスセミナーに関するグルー プディスカッション 復習:テキスト第1章〜2章の理解 度を確認し、不足の箇所を復習す る。 空間サイエンスセミナーに採用で きる小中学生向けテーマについて 考える。予習:距離測量について 予習する。(pp.22〜32) 30 45
9回 基本的な測量の1つである距離測量について学習し、 演習を通して理解する  距離測量の概念 直接距離測量 距離測量の誤差 授業、質疑と【自己点検】 距離計測に関する説明 エース:pp21-23 概論:pp.10-12 復習:誤差のある巻き尺で測定し た場合について考える。(pp.26 〜27)。間接測量について理する 。(pp.28〜29) 予習:光波測距儀、スタジア測量 の原理について予習する。 30 45
10回 基本的な測量の1つである距離測量について学習し、 演習を通して理解する  光波測距儀 スタジア測量 授業、質疑と【自己点検】 スタジア測量に関する演習( アクティブラーニング) エース:pp.29-33 復習:光波測距儀、スタジア測量 の原理について復習する。間接測 量について理解する。(pp.28〜 29) 予習:直接水準測量について予習 する。 60 45
11回 基本的な測量の1つである水準測量について学習し、 演習を通して理解する  水準測量の分類 水準測量の用語の定義  直接水準測量 レベルの種類と道具 授業、質疑と【自己点検】 直接水準測量に関する説明 エース:pp.33-51 概論:pp.56-66 復習:水準測量の用語を理解する 。直接水準測量について理解する (pp.33〜34) 予習:水準測量の分類を理解する (配布資料とPPTファイル)。 野帳のつけ方について予習する。 60 20
12回 基本的な測量の1つである水準測量について学習し、 演習を通して理解する  直接水準測量 レベルの種類と道具 授業、質疑と【自己点検】 直接水準測量に関する演習 (アクティブラーニング) エース:pp.33-51 概論:pp.56-66 復習:水準測量の用語を理解する 。直接水準測量について理解する (pp.33〜34) 予習:器高式、昇降式について予 習する。野帳のつけ方について予 習する。 30 60
13回 水準測量における観測値の記録方法について学習し理 解する   昇降式野帳 器高式野帳 水準器の感度  標尺の傾き 昇降式野帳および器高式野帳の説明をおこなう 授業、質疑と【自己点検】 野帳に関する説明 エース:pp.33-51 概論:pp.56-66 復習:野帳のつけ方(器高式、昇 降式)について理解する(pp.43 〜46)。できなかった問題を解け るようにする。 予習:水準器の感度、標尺の傾き について調べる 90 20
14回 水準測量における観測値の記録方法について学習し理 解する。   水準器の感度標尺の傾き 昇降式野帳および器高式野帳の演習をおこなう 授業、質疑と【自己点検】 野帳に関する演習および 水準器感度に関する演習(ア クティブラーニング) エース:pp.33-51 概論:pp.56-66 復習:野帳のつけ方(器高式、昇 降式)について理解する(PP.4 3〜46)。できなかった問題を解 けるようにする。 予習:測量学Ⅱの準備として空間 情報工学概論に付録のCDから、 測量3Dシミュレータをインスト ールする 概論:付録CD 60 15
15回 【達成度確認試験】と前学期の振り返り。 Moodle課題の説明 【試験】と授業およびMoodel による演習 復習:試験の復習 120 50