|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 応用バイオ学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
脳科学
Brain Science
2 B124-01 2022年度
6期(後学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.脳の機能発現基盤 2.脳が行う機能 3.脳機能イメージング 4.脳の構造とその形成 5.脳とホルモン 脳科学は生物学をはじめとする理系分野と心理学を含む文系分野を総合科学である。その意 味から、本科目は1-2年生のときに学んだことを仕上げる役割がある。具体的には、DNA、タ ンパク質、神経細胞などから構成された神経回路を学び、我々の脳がどのような機能を発揮 するのか、その基盤となる脳の構造を学んでいく。その結果として、神経系という大きな情 報処理システムの働き、つまりは脳の高次機能(記憶と学習等)を理解していく。加えて脳 機能の疾患を学び、応用バイオとしての脳科学の学習を仕上げていきたい。
授業の概要および学習上の助言
1:脳科学の学び方とその変遷 2:脳機能のための分子基盤(DNAとタンパク質など:復習) 3:脳を構成する細胞(ニューロンとグリア:復習)  4:入出力装置としての脳 5:記憶と学習 6:情動 7:聴覚       8:体性感覚                9:脳内ホルモン 10:脳疾患(認知症等) ★本シラバスに書かれている事は、本来の授業が行われた場合の目標となる目安である。学生の理解度を見ながら、足りない 部分を補うように授業内容を変更するつもりである。このような変更があった場合は、ここに書かれている項目のうち、比較 的重要度の低いものは省略する可能性がある。授業でこれらを取り扱う順序は、学生の理解度を見ながら決定する。従って、 必ずしもシラバス通りに授業が進まない可能性があることに留意すること。 ★学科用ホームページ(http://abs.his.kanazawa-it.ac.jp/)から辿ることができる授業用ホームページを利用することが ある。学生ポータルを本授業の連絡に利用することがあるので、毎週、授業の前日に学生ポータルにアクセスすること。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
この授業を理解するために:  1、基本的な数学(微積分など)と生物学(DNA、タンパク質、細胞など) 2、日本語レポートを書く能力 講義時間に理解できないことを、家に持ち帰って自習や復習で理解しようとすると、膨大な時間が必要となるので、講義の時 間だけで理解しようと努力すること。内容を記憶することよりも、理解することと考えることを重要視している。授業や宿題 の中で出てきた不明点は尋ねること。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
I,J,M 脳機能発現のための分子と細胞を説明できる。 
I,J,M 外界からの情報を処理し発信する入出力装置としての脳を説明できる。
I,J,M 脳の機能局在を説明できる。
I,J,M 脳がおこなう機能(記憶、情動等)を説明できる。
I,J,M 脳の疾患について説明できる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 20 0 60 0 0 0 20 100
指標と評価割合 総合評価割合 20 0 60 0 0 0 20 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 30 0 0 0 0 30
思考・推論・創造する力 0 0 30 0 0 0 0 30
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 20 0 0 0 0 0 10 30
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 10 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 達成度確認試験
クイズ
小テスト
レポート 理解に応じたレポート課題
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 授業への出席と授業中の質疑(発表・表現・伝達)。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
達成項目全てについて90%の達成度。 達成項目全てについて70%の達成度。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分※
1週目(1回〜2回) 本科目の講義方針を理解する。 講義と質疑。 本授業のねらいを理解し次回以降 の授業に備える。小テストを行う 。 180
2週目(3回〜4回) 脳機能発現のためのメカニズム:分子から細胞につい て(1年生2年生で学んだことを復習しながら) 神経活動の計測方法を概観する。脳の機能局在から情 報処理を行うメカニズムを学習する。 講義と質疑。 授業で学んだことの復習を各自行 う。 180
3週目(5回〜6回) 脳機能発現のためのメカニズム:分子から細胞につい て(1年生2年生で学んだことを復習しながら) 神経活動の計測方法を概観する。脳の機能局在から情 報処理を行うメカニズムを学習する。 講義と質疑。 2週目と3週目の授業に関す る小テストを行う。 2週目と3週目の授業に関する小 テストを行い学習度を確認する 180
4週目(7回〜8回) 入出力装置としての脳:記憶は脳のどこで?(その1 ) 講義と質疑。 小テストを行う可能性あり。 授業で学んだことの復習を各自行 う。 180
5週目(9回〜10回) 入出力装置としての脳:記憶は脳のどこで?(その2 ) 講義と質疑。 4週目と5週目の授業に関す る小テストを行う。 4週目と5週目の授業に関する小 テストを行い学習度を確認する。 180
6週目(11回〜12回) 脳疾患(認知症)そのメカニズム(その1) 授業と質疑 各自授業で学んだことを復習する こと。 180
7週目(13回〜14回) 脳疾患(認知症)そのメカニズム(その2) 授業と質疑 6週目と7週目で学んだこと の小テストをおこなう。 6週目と7週目で学んだことの小 テストをおこなう。 180
8週目(15回〜16回) 脳疾患の治療と診断 治療と診断の例を紹介する。 授業と質疑 小テストを行う 8週目で学んだことの小テストを おこなう。 180
9週目(17回〜18回) 情動とは?聴覚とは?(その1) これらに関する脳内メカニズムを学習する 授業と質疑 9回目の授業の学習内容の復習を 各自行う。 180
10週目(19回〜20回) 情動とは?聴覚とは?(その2) これらに関する脳内メカニズムを学習する 授業と質疑。 小テストを行う。 9週目と10週目で学んだことの 小テストをおこなう。 180
11週目 情動を制御する脳内メカニズム 講義と質疑 11週目に学んだことに関する小 テストを行う。 180
12週目 体性感覚と脳、脳内ホルモン 講義と質疑 各自12回目の授業の復習を行う。 180
13週目 脳内ホルモン 講義と質疑 11週目に学んだことに関する小 テストを行う。 180
14週目 プレゼンテーション試験 試験 本試験では授業の学んだことを登 壇しプレゼンテーションする。 180
15週目 プレゼンテーション試験 試験 授業アンケート 本試験では授業の学んだことを登 壇しプレゼンテーションする。個 人面談の時間を用意します。 180