|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 航空システム工学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門プロジェクト科目
専門プロジェクト
プロジェクトデザインⅢ(橋本和典研究室)
Design Project III(Hashimoto Kazunori)
8 E922-11 2022年度
通年
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.航空工学 2.飛行力学 3.飛行制御 4.飛行操縦ロボット 5.地域連携 これまでに学習した航空工学等の基礎や航空機等の輸送機械の設計・製造技術をベースとし て、具体的な航空機設計や航空工学理論の応用、航空機等の輸送機械に関連する実現象の評 価等、実現可能なものを設計・製作・提案することのできる基礎能力を養う。併せて、社会 (特に地域社会)との連携の重要性について学習する。
授業の概要および学習上の助言
航空システム工学科では、航空工学等の輸送機械の素養と機械設計・製作技術を用いて航空機等の輸送機械の開発をサポート できるエンジニアを育成することを目標としている。プロジェクトデザインⅢは、カリキュラムの最終段階における集大成の 科目であり、学科の教育目標実現のために、具体的な航空機等の輸送機械の設計、航空工学理論の応用、航空機等の輸送機械 に関連する実現象の評価等を行い、設計・解析能力を養うとともに、得られた結果を工学的に判断する能力を養う。 また、配布する学習支援計画書を基に、科目の学習目標と概要、行動目標を理解する。特に、この科目が航空システム工学科 の教育目標のどの部分を担っているか、具体的な達成レベルの目安を理解する。 当研究室では、航空機の飛行や輸送機械の制御系解析に関連するプロジェクトテーマにより問題発見・解決を行っていく。 具体的には、以下のようなテーマがある。 ・飛行運動シミュレーション関係(機器故障時の危険回避、マイクロバーストによる事故回避)  ・フライトシミュレータ実験関係(各種機体の飛行特性評価、パイロットと機体特性との連成振動現象、飛行操縦ロボット) ・機体設計および解析評価関係(機体形状の違いによる飛行特性評価、模型飛行機の設計製作) ・特異形状の機体の飛行特性関連(斜め翼機、無尾翼機、人力飛行機) ・飛行制御則関係(各種自動操縦システム) これらの航空機の飛行運動は、いずれもニュートンの運動方程式(ただし、回転座標系における運動方程式)が基礎となって いるが、解析推算が実際の飛行と良く合う事がわかっているので、運動の物理現象をニュートンの運動方程式に照らしてよく 考察することで知識が定着する。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
機械力学において勉強した質点の運動、剛体の運動、また飛行力学において勉強した航空機の特性について良く復習しておく こと。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
A,B,D-O プロジェクトテーマを定め、工学設計過程に基づいて行動できる。
A,B,D-O 創出した成果を文書としてまとめ、発表でき、内容について議論できる。
A,B,D-O 設計・製図・ものづくり(製作)・シミュレーションなどができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 50 35 0 5 10 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 50 35 0 5 10 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 10 0 0 0 0 10
思考・推論・創造する力 0 0 30 0 0 0 0 30
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 5 5
発表・表現・伝達する力 0 0 10 35 0 0 0 45
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 5 5 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 前学期、後学期に提出された中間報告書と後学期の最終報告書(プロジェクトレポート)の内容を評価す る。
成果発表
(口頭・実技)
前学期と後学期末に行われる中間報告会でのプレゼンテーション結果と、後学期のプロジェクトデザイン Ⅲ公開発表審査会での発表内容と質疑応答を合わせて評価する。なお、このプロジェクトデザインⅢ公開 発表審査会における発表をプロジェクトデザインⅢ単位認定の必須事項とすることを付記する。
作品
ポートフォリオ Web等を使って行われる週報の結果で評価する。
その他 日頃の研究室における活動の積極性および貢献度について評価する.
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
①プロジェクトテーマの目的と推進プロセスを正確に理解し、 目的に適応した年間目標が達成できる。 ②プロジェクト遂行上の中間成果を中間報告書としてまとめ、 その内容を発表・議論できる。最終成果をプロジェクトレポー トとしてまとめ、公開発表審査会で発表・議論することができ る。 ③必要に応じて自らの手で設計・製作でき、しかも製作物の性 能を評価できる。 ①プロジェクトテーマの目的と推進プロセスを正確に理解し、 目的に適応した年間目標が達成できる。 ②プロジェクト遂行上の中間成果を中間報告書としてまとめ、 その内容を発表できる。最終成果をプロジェクトレポートとし てまとめ,公開発表審査会で発表することができる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
_