|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 情報工学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門プロジェクト科目
専門プロジェクト
プロジェクトデザインⅢ(郭清蓮研究室)
Design Project III(Guo Qinglian)
8 E926-11 2022年度
通年
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.コンピュータグラフィックス 2.プロジェクションマッピング 3.コンテンツ設計 4.コンテンツ制作 5.コンピュータゲーム (1)既存のコンテンツを調査分析できる (2)プロジェクションマッピングコンテンツを設計できる (3)プロジェクションマッピングコンテンツを制作できる (4)参加型コンテンツを作れる (5)プロジェクションマッピングイベントを行う
授業の概要および学習上の助言
コンピュータグラフィックスに関連する基礎知識を持つこと プログラミングできること Blender、Photoshop, AfterEffectなどのソフトウエアを使えること
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
C言語、Java言語でプログラミングする能力が必要である
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
A,B,C 既存のプロジェクションマッピングコンテンツを調査分析できる
A,B,C コンテンツを設計できる
A,B,C コンテンツを制作できる
A,B,C 参加型コンテンツを作れる
D,E プロジェクションマッピングイベントを行うことができる
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 0 20 60 0 20 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 0 20 60 0 20 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 0 0 0 0 10 10
思考・推論・創造する力 0 0 0 0 60 0 0 60
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 0 0
発表・表現・伝達する力 0 0 0 20 0 0 0 20
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 10 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート
成果発表
(口頭・実技)
一回発表する
作品 一つの作品を作る
ポートフォリオ
その他 出席で評価する
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
プロジェクションマッピングに関する知識を持つ オリジナルかつ高い品質のプロジェクションマッピングコンテ ンツを制作できる プロジェクションマッピングイベントを運営できる プロジェクションマッピングに関する知識を持つ オリジナルかつ高い品質のプロジェクションマッピングコンテ ンツを制作できる
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
第1回〜第9回 コンピュータグラフィックス復習 プロジェクションマッピングの歴史 Unity学習 Blender学習 AE学習 ゼミ、研究活動 復習 160min
第10回〜第14回 既存コンテンツを調査分析 プロジェクションマッピングコンテンツ設計学習 ゼミ、研究活動 復習 160min
第15回〜第22回 プロジェクションマッピングコンテンツ制作学習 投影実験 ゼミ、研究活動 復習 160min
第23回〜30回 プロジェクションマッピングイベントを行う アンケートデータ分析する レポートを作成する 研究発表の準備 研究発表を行う ゼミ、研究活動 復習 160min