|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 経営情報学科
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門科目
専門
統計学Ⅰ
Statistics I
2 F115-01 2023年度
3期(前学期)
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.統計学 2.確率 3.確率分布 4.統計的推測 本科目は経営情報学科の学習・教育目標「マーケテイング能力」及び「マネジメント基礎能 力」達成のための科目で、データ分析に欠かせない「統計学」の基本を学びながら、ビジネ スの現場で直面する意思決定の際に欠かせない情報の抽出能力を磨く。具体的には、記述統 計学、確率分布、及び推測統計学の区間推定の基本概念を理解し、Excelなどを使ってデー タ分析し、データ分析の進め方、仮説検証サイクル、分析目的の設定など、統計的意思決定 に必要な情報を算出できるようになる。
授業の概要および学習上の助言
 本科目では統計とビジネスの関係について理解を深め、統計の基礎概念の理解力と演習による実践力を以下の項目を中心に 修得する。なお、演習では簡単な作業とデータ収集およびテータ解析としてExcelを使うので各自パソコンを毎回持参する必 要がある。 1. データと統計 2. 確率分布 3. 統計的推測  
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:統計解析入門[サイエンス社] 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
数理基礎科目、特に『技術者のための統計』を履修していることが望ましい。また、Excelの基本が分かっており、使えるこ とが望ましい。経営に関する基本的知識が必要となる。経営と統計データの関連性を常に意識する態度が不可欠である。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
K,L 度数分布、ヒストグラム、標準偏差などを用いて、代表的な確率分布の特徴を理解することができる。
K,L 各種確率分布の母平均などの母数を統計的に推定することができる。
K,L サンプルデータから各種の統計的検定に基づく意思決定をすることができる。
K,L 関心ある事象について、適切にデータを収集し、解析に適切な統計技法を選択し、必要な情報を抽出することができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 40 30 0 20 0 0 10 100
指標と評価割合 総合評価割合 40 30 0 20 0 0 10 100
総合力指標 知識を取り込む力 20 15 0 5 0 0 0 40
思考・推論・創造する力 20 15 0 5 0 0 0 40
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 5 0 0 0 5
発表・表現・伝達する力 0 0 0 5 0 0 0 5
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 0 0 0 10 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 3回の試験を実施し、統計知識の定着度およびその知識を利用した思考、推論能力を中心に評価する。
クイズ
小テスト
各テーマの学習内容に関する演習または講義内容に関し、知識の確認と応用力を評価する。
レポート
成果発表
(口頭・実技)
身近な疑問点について、統計解析の手法を活用して分析し、自らの仮説を論理的に説明する。
作品
ポートフォリオ
その他 授業での参加姿勢を評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
各種の統計理論を理解し、その技法を正しく使用することがで きる。Excelを自在に使いこなせる。さらに、具体的な経営課 題に対し、データの選定・収集・分析し、その結果の考察を通 じて、課題解決に役立つ情報を抽出することができる。 各種の統計理論を理解し、その技法をExcelを用いて、使うこ とができる。さらに、具体的な経営課題と所与のデータおよび 分析法との関連性を説明することができる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分※
第01回 1.オリエンテーション 2.講義「統計と社会」・第2章「統計データのまと め方」 講義「統計と社会」及び「統 計データのまとめ方」と議論 1年次「数理基礎」の理解度 を確認する小テストを実施。 予習:学習支援計画書及び第1及 び第2章を読み、わからないとこ ろをA4用紙一枚にまとめる。 復習:第1&2章及びテスト内容 の復習 100分 100分
第02回 第2章「統計データのまとめ方」(続き) 第3章「2次元データのまとめ方」 講義及び演習 予習:第3章を読み、わからない ところをA4用紙一枚にまとめる。 復習:第3章及び演習内容の復習 100分 100分
第03回 第4章「確率」 講義及び演習 予習:第4章を読み、わからない ところをA4用紙一枚にまとめる。 復習:第4章及び演習内容の復習 100分 100分
第04回 理解度確認テストI 第5章「確率分布とその特性値」 テスト、講義及び演習 予習:理解度確認テストの範囲の 復習。第5章を読み、わからない ところをA4用紙一枚にまとめる。 復習:第5章及び演習内容の復習 100分 100分
第05回 第5章「確率分布とその特性値」(続き) 第6章「主な確率分布」 講義及び演習 予習:第5章及び第6章を読み、わ からないところをA4用紙一枚にま とめる。 復習:第5-6章及び演習内容の 復習 100分 100分
第06回 第6章「主な確率分布」(続き) 第7章「多次元の確率分布(1)」 講義、演習 予習:第7章を読み、わからない ところをA4用紙一枚にまとめる。 復習:第6-7章及び演習内容の 復習 100分 100分
第07回 第7章「多次元の確率分布(2)」 講義、演習 予習:第7章「多次元の確率分布 」を読み、わからないところをA4 用紙一枚にまとめる。 復習:第7章及び演習内容の復習 100分 100分
第08回 特別講義 「統計とビジネス」 特別講師によりビジネス現場での統計学の活用事例を 紹介いただき、ビジネスと統計学の関係について理解 を深める。 特別講師による講義 予習:課題の取組 復習:授業内容の振り返り 100分 100分
第09回 理解度確認テストII 第8章「標本分布と統計的推測(1)」 テスト、講義及び演習 予習:理解度確認テストIIの範囲 を復習する。 復習:第8章及び演習内容の復習 100分 100分
第10回 第8章「標本分布と統計的推測(2)」 講義、演習 予習:第8章を読み、わからない ところをまとめる。 復習:第8章及び演習内容の復習 100分 100分
第11回 第9章「推定(1)」 講義及び演習 予習:第9章を読み、わからない ところをまとめる。 復習:第9章及び演習内容の復習 100分 100分
第12回 第9章「推定(2)」 講義及び演習 予習:第9章を読み、わからない ところをまとめる。 復習:第9章及び演習内容の復習 100分 100分
第13回 理解度確認テストIII 演習「身近なデータの統計分析」 テスト及び演習 予習:理解度確認テストIIIの範 囲の復習。 復習:これまでの学習内容を踏ま えて、身近なデータを分析して考 察する。 100分 100分
第14回 演習成果の発表「身近なデータの統計分析」 発表及び質疑応答 予習:発表資料の作成・発表の準 備 復習:各チームの発表内容を評価 100分 100分
第15回 総括「統計解析入門」 自己点検 講義、自己点検 予習:これまでの講義内容を復習 し、不明な点をまとめる。 予習:これまでの講義内容を復習 する。 100分 100分