|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 建築学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門プロジェクト科目
専門プロジェクト
プロジェクトデザインⅢ(藤井健史研究室)
Design Project III(Fujii Takeshi)
8 A921-22 2023年度
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.建築設計・まちづくり 2.都市空間解析 3.シミュレーション・プログラミング 4.BIM・VR・AR 5.地域連携 社会状況、場所性、歴史性など、多角的な分析から独自の課題設定を行い、プログラムや機 能性といった諸々の条件を満たしながら建築・都市のデザインとして論理的に解き、優れた プレゼンテーションによって「作品」として提示すること。または、シミュレーションやB IM・xRなどの情報技術を用いた建築・都市の空間解析技術を習得し、設定したテーマに 対してこれを適用し、成果を「論文」として執筆すること。
授業の概要および学習上の助言
前学期 ・建築、都市をめぐる興味関心についての情報収集と議論 ・建築作品、既往研究のレビュー ・プロジェクトテーマの設定 ・情報技術を用いた建築都市空間の解析手法の習得 後学期 ・プロジェクトの遂行  ―「作品」:敷地・プログラム・デザインの決定、図面と模型の作成  ―「論文」:研究手法の開発、解析・実験の実施、論文の執筆 ・PDⅢの公開発表審査会で成果を発表し、そこでの評価と合否判定を受ける。 その他 ・研究室のプロジェクト活動に取り組む。
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
PDⅢは大学での学びの集大成として取り組むものである。これまでの授業の学習内容のみならず、書籍や専門誌から知識や最 新の動向を学んでおくこと。また、日常的に建築や都市について考える習慣を付け、課題や疑問を発見する感覚を磨くこと。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
G,P,Q 自らが設定したテーマに対して目標や活動計画を立て、調査や資料収集を行うことができる。
I,K,P,Q 建築や、それを取り巻く地域や環境をより総合的に理解することに努め、具体的な提案や活動を行うことができる。
K,P,Q 建築における情報技術を活用し、建築設計や計画支援技術の提案に応用することができる。
J,Q,R 活動成果を反映したプロジェクトレポート(作品もしくは論文)を作成することができる。
Q,R プロジェクトの成果や要点を、わかりやすくプレゼンテーションすることができる。
S 実社会や建築産業界の調査を踏まえ、自らの進むべき進路を考え、それと関連付けてPDⅢのテーマを検討できる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 50 30 0 0 20 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 50 30 0 0 20 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 10 0 0 0 0 10
思考・推論・創造する力 0 0 30 0 0 0 0 30
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 0 0 0 0 10 10
発表・表現・伝達する力 0 0 10 20 0 0 0 30
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 0 10 0 0 10 20
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート (論文)(作品設計) ゼミ内での成果発表、学科内の中間発表、全学での公開発表審査会での成果物の達成度を評価する。成果 物とは、研究においてはレポートや論文、作品設計においては図面や模型とする。学科内の中間発表で審 査を受けなければ公開発表審査会に参加することができない。
成果発表
(口頭・実技)
(論文)(作品設計) ゼミ内での成果発表、学科内の中間発表、全学での公開発表審査会での発表内容と質疑応答の内容で評価 する。PDⅢの単位認定は公開発表審査会での合格が必須である。
作品
ポートフォリオ
その他 研究室のプロジェクト活動等への取り組み姿勢などを評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
・調査と分析を踏まえ、有意義なテーマ設定ができる。 ・適切な検討を経て自身の問題設定に対する有効な解決策を導 き出すことができる。 ・実施した活動を「作品」もしくは「論文」として完成度高く まとめることができる。 ・プロジェクトの要点や成果をわかりやすくプレゼンテーショ ンすることができる。 ・調査と分析を踏まえ、テーマ設定ができる。 ・適切な検討を経て自身の問題設定に対する解決策を導き出す ことができる。 ・実施した活動を「作品」もしくは「論文」としてまとめるこ とができる。 ・プロジェクトの要点や成果をプレゼンテーションすることが できる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分※
1 ガイダンス 研究室運営方針、研究室活動等の説明 講義と質疑 復習 90
2-14 プロジェクトテーマの設定とプロジェクト遂行能力の 強化を目的に、主に下記に取り組む。 ・建築、都市をめぐる興味関心についての情報収集と 議論 ・建築作品、既往研究のレビュー ・情報技術を用いた建築都市空間の解析手法の習得 ・設計競技参加によるデザインおよびプレゼン力強化 発表とディスカッション エスキース プロジェクト活動 10800
15 前学期の成果発表と議論 ・プロジェクトテーマの決定 ・前学期成果を取りまとめ発表 ・前学期前半の達成度確認 発表とディスカッション 発表準備・復習 600
16-22 研究と設計でそれぞれゼミを実施 (研究)実験や分析の指導 (設計)コンセプトとエスキスのチェック 発表とディスカッション エスキース・個別指導 プロジェクト活動 10800
23 学科内中間発表の参加 ・中間発表までの達成度確認と議論 ・後学期前半の達成度を踏まえた後学期後半の活動に 関する講義 発表とディスカッション 発表準備・復習 600
24-29 研究と設計でそれぞれゼミを実施 (研究)研究内容のまとめ方と論文の指導 (設計)デザイン・図面・模型の指導 エスキース・個別指導 プロジェクト活動 10800
30 全学のPDⅢ公開審査会の参加 ・達成度確認と議論 ・成果物の仕上げやデータ整理に関する説明 発表とディスカッション 発表準備・復習 600