|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専門教育課程 電気電子工学科(2018年度入学〜)
授業科目区分 科目名 単位数 科目コード 開講時期 履修方法
専門教育課程
専門プロジェクト科目
専門プロジェクト
プロジェクトデザインⅢ(平間淳司研究室)
Design Project III(Hirama Junji)
8 E927-04 2023年度
通年
修学規程第4条を参照
担当教員名
*印は、実務経験のある教員を示しています。
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.電気生理 2.電子回路 3.植物・昆虫の生体 4.計測制御 5.磁気計測 電気電子分野における新しい課題を自らが提案し、自らの知識・技術を用いてその課題を解 決できる能力を身につけるための集大成の科目である。3年生までのプロジェクトデザイン 科目と専門ゼミで学んだことがベースとなる。主題: 在学中に修得した専門的な知識や技 術を基に研究を行う。プロジェクトテーマは、電気/電子工学・農学・生物・理学などの境 界領域も対象とし、研究成果はいずれも社会への貢献度は大である。目標: 研究を通じて 、より高度な専門的な知識の向上を計り、優秀な技術者の育成をねらう。
授業の概要および学習上の助言
プロジェクトデザイン過程の総括科目であり、全ての科目の統合であることを意識すること。これまでの基礎科目から高度専 門科目を総復習すること。 以下に示す主要な各テーマに関して配属された学生は、グループ毎に別かれて1年間を通じて研究活動を行う。 毎日、研究日誌を提出したり、毎週1回のヒアリングを実施する。 (1)光線利用の害虫防除装置の開発      (企業、他大学、広島県農業技術センターなどとの共同研究)  (a)超高輝度の発光ダイオード(LED)に特定のゆらぎを付加した、無農薬・環境に優しい害虫防除光源装置の開発。  (b)害虫(蛾,カメムシ類)の網膜電位の光刺激応答特性を計測(電気生理)する。また、害虫の光走行性を行動観察で検証。 (2)植物の生体電気生理  (a)周囲環境刺激条件に対する生体電位の挙動を計測し、生体電気生理現象の究明。  (b)植物工場の至適環境制御(SPAシステム)、茸の至適環境制御(SMAシステム) (3)生体磁場計測の応用:MRI装置の試作やそれをを用いて、非破壊・非侵襲的手法により各種生体情報の計測を試みる。 (4)極微弱磁場計測装置の開発:Flux Gate Magnetometerの開発
教科書および参考書・リザーブドブック
教科書:指定なし 参考書:指定なし リザーブドブック:指定なし
履修に必要な予備知識や技能
PDⅢはこれまでに学部時代に学んだ多くの知識や知恵を総合して、各研究テーマで設定している研究活動へ向けての創造的 活動である。従って、教員、先輩、仲間と力を合わせて自己啓発としての活動に全力投球して欲しい。特に、電子回路工学、 電磁気学、計測制御工学、生物学の学習が重要である。
学生が達成すべき行動目標
No. 学科教育目標
(記号表記)
G 研究の目的を明確にし、内容を把握し、研究計画を立案することができる。
G,N 研究グループのメンバーおよび教員とのコミュニケーションを十分とり、研究を推進することができる。
G,K,L,N 研究遂行上の問題点や課題を自らが解決することができる。
G,M,N 研究成果をプロジェクトレポート(研究論文)にまとめることができる。
G,M,,N 研究内容を説明できるとともに、研究成果を効果的にプレゼンテーションすることができる。
達成度評価
評価方法
試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 50 50 0 0 0 100
指標と評価割合 総合評価割合 0 0 50 50 0 0 0 100
総合力指標 知識を取り込む力 0 0 10 0 0 0 0 10
思考・推論・創造する力 0 0 20 20 0 0 0 40
コラボレーションと
リーダーシップ
0 0 10 10 0 0 0 20
発表・表現・伝達する力 0 0 0 20 0 0 0 20
学習に取組む姿勢・意欲 0 0 10 0 0 0 0 10
※総合力指標で示す数値内訳、授業運営上のおおよその目安を示したものです。
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 毎日放課後提出する「研究日誌」の内容、および毎週実施する各チーム毎のヒアリングでの活動記録の内 容で評価する。
成果発表
(口頭・実技)
ヒアリングにおける各自の研究成果の口頭による報告及びその質疑応答による評価。 PDⅢプロジェクト報告書の内容。 PDⅢプロジェクト発表会での口頭発表およびその質疑応答。 これらを総合して評価する。
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
プロジェクトテーマの目的と工学設計過程の高度な学習目標が 達成できる。 学会活動において研究成果が充分公表できるレベルに達してい ると共に、今後の研究活動へ向けての大きな業績として残すこ とができる。 プロジェクトテーマの目的と工学設計過程で学ぶべき目標を充 分理解でき、研究成果の最終目標が達成できる。
CLIP学習プロセスについて
一般に、授業あるいは課外での学習では:「知識などを取り込む」→「知識などをいろいろな角度から、場合によってはチーム活動として、考え、推論し、創造する」→「修得した内容を表現、発表、伝達する」→「総合的に評価を受ける、GoodWork!」:のようなプロセス(一部あるいは全体)を繰り返し行いながら、応用力のある知識やスキルを身につけていくことが重要です。このような学習プロセスを大事に行動してください。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分※
1-10 各プロジェクトテーマ毎の基本知識の習得 ・研究目的 ・研究成果の最終ゴール 各プロジェクトテーマ毎のチ ムに分かれて、毎週講義とヒ アリングでの指導 配付資料の熟読及び毎週のヒアリ ング資料の作成 300 時間( 5回分 )
11-40 毎週実施のヒアリング 各チーム毎に毎週の研究成果 を発表 毎日の研究活動およびヒアリング 資料の作成 500 時間( 15回 分)
41-80 毎週実施のヒアリング ・3週毎に実施する研究成果 の発表 ・ヒアリングにて議論を実施 毎日の研究活動およびヒアリング 資料の作成 600 時間( 30回 分))
81-100 ・プロジェクトレポート作成準備 ・公開審査会に向けてのプレゼンテーション準備 ・毎日の研究活動およびヒア リング資料の作成 ・論文作成およびプレゼン指 導 毎週の教員からの指摘事項を踏ま えた論文作成およびプレゼン準備 200 時間( 10回 分)
研究室でのゼミ活動と個別指導を合わせて90時間以上とする。