|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
バイオ・化学専攻
対象課程 科目名 単位数 科目コード 開講時期 授業科目区分
博士前期課程(修士課程)
材料化学特論
Materials Chemistry
2 2792-01 2021年度
後学期
関係科目
担当教員名
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.有機電子論 2.反応機構 3.反応制御 4.機器分析 5.特性評価 機能性材料の合成・特性制御において,電子論の果たす役割は大きい。本科目では有機化学 ・無機化学の知見について電子論の観点から論じ,反応の制御や条件設定,分析や特性評価 に必須の知識として統合する。また,実験実習を通じて材料開発における基礎的な合成技術 ・分析手法を修得する。
授業の概要および学習上の助言
本科目は講義・演習および実験実習を通じ, 有機・無機材料の合成,反応機構および特性評価について統合的に学ぶ。 - 電子的効果,共鳴と酸・塩基 - 置換反応・脱離反応・付加反応 - 加水分解平衡反応 - 芳香族化合物を用いた機能性材料の調製と特性評価 - 金属酸化物を用いた機能性材料の調製と特性評価
教科書および参考書・リザーブドブック
講義・実験に必要となる資料は都度配布する。
履修に必要な予備知識や技能
大学学部において有機化学,物理化学に関連した講義(本学であれば有機化学,有機合成化学,高分子化学,物質のなりたち ,熱の化学,物質の状態と反応)を履修し,いずれもA以上の評価を得ていることが望ましい。
学生が達成すべき行動目標
No.
電子論的観点から,合成反応を論じることができる
電子論的観点から,材料の物性・特性を論じることができる
芳香族化合物を用いた機能性材料の合成および特性評価ができる
金属酸化物を用いた機能性材料の合成および特性評価ができる
達成度評価
評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 10 0 40 50 0 0 0 100
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験 期末に試験を受験し,理解度および応用力の評価を受ける。試験は記述式とし,講義の全範囲を対象とす る。
クイズ
小テスト
レポート 指定されたテーマにてレポートを作成し,評価を受ける。
成果発表
(口頭・実技)
指定されたテーマにて研究発表を行い,評価を受ける。発表は個人で行うものとし,発表内容および説明 の適切さが評価される。
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
有機分子の特性,有機合成における種々の反応について,有機 電子論の観点からその機構を理解し,説明することができる。 有機分子の特性,有機合成における種々の反応について,有機 電子論の観点からその機構を説明することができる。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 ガイダンス 有機化学総論 講義 これまでに学習した有機化学の知 見を振り返っておく 90
2 有機電子論(1) - Ⅰ効果とE効果 - 共鳴 - 酸と塩基 講義,発表 指定された文献を読み,レポート を作成する 90
3 有機電子論(2) - 分子軌道法 - ペリ環状反応:ウッドワード-ホフマン則 講義,発表 指定された文献を読み,レポート を作成する 90
5-8 有機材料合成・特性評価 - 有機合成 - 分光分析 - 熱分析 講義,実験・演習 研究計画書に基づき,実験計画の 立案,実験,解析を行う。 450
9 中間発表 無機化学総論 発表,講義 実験,演習の結果を纏めて報告す る 90
10-14 無機材料の調製・特性評価 - 金属酸化物調製 - 分光分析 - 熱分析 - 構造解析 講義,実験・演習 研究計画書に基づき,実験計画の 立案,実験,解析を行う。 450
15 最終発表 達成度確認試験 発表,試験,自己点検 実験・演習の結果を纏めて報告す る 試験に備えた準備を行う 90 60