|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
建築学専攻
対象課程 科目名 単位数 科目コード 開講時期 授業科目区分
博士前期課程(修士課程)
建築材料特論
Structural Engineering and Building Materials
2 2835-01 2021年度
後学期
関係科目
担当教員名
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.建物に作用する荷重 2.許容応力度計算の概要 3.保有水平耐力計算の概要 4.限界耐力計算の概要 5.非木造と木造の設計法 応用授業の基盤となる知識や考察力を養うことを目標として建築材料の観点から構造や構法 について学習する。ここでは、建物の安全性を確保するために考慮しなければならない建築 物に作用する外力を学習し、それらの外力に対して建物の安全性を確保するための建築構造 設計の考え方を理解すること、建物の安全確保をテーマに、設計法を理解し、安全を確認で きる設計力を養うことを学習目標とする。
授業の概要および学習上の助言
コンクリートを中心に構造物の設計・施工技術、維持管理および解体廃棄までを講義するので、予習・復習を確実に行い知識 をしっかりと定着させること。設計、試験、調査等を通じてコンクリートの基礎的事項を身体で憶えること。
教科書および参考書・リザーブドブック
適宜指定
履修に必要な予備知識や技能
・構造力学をしっかりと復習しておくこと。 ・建築材料を復習しておくこと。
学生が達成すべき行動目標
No.
建物に要求される安全性を理解し、設計できる
建物に作用する荷重に関する知識を概略理解し、説明できる
建物の構造設計法の概略を理解し、説明できる
建築材料の基本的な特性を理解し、説明できる
達成度評価
評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 40 40 0 0 0 20 100
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
建築材料の観点から ・建築物の構造を説明できる ・構造計算の内容を説明できる ・コンクリートの調合設計ができる ・構造安全性を説明できる
レポート 建築材料および構造体に関する知識について ・建築材料の規格・基準(JISなど) ・構造体施工方法の指針(JASSなど) ・建築材料の品質 ・構造体の耐久性
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 学習への取組の姿勢を評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
建築材料の基本的な特性を説明でき、建物に作用する外力と設 計用荷重を算出でき、各種の建物の耐震設計ができる。 建築材料の基本的な特性を説明でき、建物に作用する外力と設 計用荷重を理解し、各種の建物の耐震設計法の概略を説明でき る。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 1.ガイダンス 2.構造設計・計画(講義) 3.建築材料の規格・基準(講義) 4.構造体施工の指針(講義) 5.確認試験(中間) 6.実構造物の調査見学(演習) 7.コンクリートの調合設計(演習) 8.コンクリートの打ち込み(演習) 9.コンクリートの強度試験(演習) 10.実験データの整理(演習) 11.実験データの分析(演習) 12.レポートの作成・見直し(演習) 13.成果発表(材料・設計からの提案) 14.成果発表(施工・維持管理からの提案) 15.討論 講義、演習、発表、自己点検