|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
バイオ・化学専攻
対象課程 科目名 単位数 科目コード 開講時期 授業科目区分
博士前期課程(修士課程)
バイオ工学研究(相良純一)
Bioenginnering (Sagara Jun-Ichi)
12 2711-10 2021年度
通年
専修科目
担当教員名
授業科目の学習教育目標
キーワード 学習教育目標
1.バイオインフォマティクス 2.ケモインフォマティクス 3.生体分子シミュレーション 4.発酵工学 バイオインフォマティクスやケモインフォマティクス、生体分子シミュレーションなど計算 科学について理解を深め、生物情報に対する適用方法について学ぶ。せ専門知識を身につけ るとともに、プレゼン能力なども身につける。
授業の概要および学習上の助言
以下の計算科学に関するテーマについて学ぶ  ・バイオインフォマティクス  ・ケモインフォマティクス  ・生体分子シミュレーション  ・発酵工学 生命科学の知識だけでなく、数学(確率統計)や物理学の知識も必要となるため、さらなる根気と努力が必要である。 また、論文・学会発表などから情報収集を積極的に行う必要性もある。
教科書および参考書・リザーブドブック
適宜、情報を提供する。
履修に必要な予備知識や技能
生物化学・微生物工学・分子生物学・バイオ工学・細胞生物学・細胞工学など生命科学全般の知識、計算科学に必要な数学( 確率統計)や物理学等の知識、またプログラミング技術も必要としている。
学生が達成すべき行動目標
No.
生物配列を確率統計学の手法を用いて扱うことができる。
実験から得られたデータを確率統計学の手法を用いて扱うことができる。
確率統計学の手法をプログラム言語で記述することができる。
作成したプログラムをアプリケーション化することができる。
達成度評価
評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 40 40 0 0 20 100
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 研究内容についてのレポートの作成を行う。
成果発表
(口頭・実技)
研究内容や作成したプログラムについてのプレゼンを行う。
作品
ポートフォリオ
その他 研究に対する活動態度を評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
1.自らの研究成果をまとめることができる。 2.学会発表ができる。 3.学部生の指導ができる。 1.自らの研究成果を助言を得ることでまとめられる。 2.助言を得ることで学会発表ができる。 3.学部生への助言ができる。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
決定した研究テーマについて、その目的を理解した上 で、目的達成のために何をどのようにしなければいけ ないかを把握する。 そのため知識の習得を行い、計算手法を理解する必要 がある。得られたデータを解析すとともに、他の学生 へのプレゼンテーションを行う。 実験と指導