|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
システム設計工学専攻
対象課程 科目名 単位数 科目コード 開講時期 授業科目区分
博士前期課程(修士課程)
CG特論
Advanced Topics in CG
2 2678-01 2022年度
前学期
関係科目
担当教員名
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.CG 2.コンテンツ 3.デザイン 4.プログラミング 5.地域連携 ビジュアル表現言語による自然界のシミュレーションに関するCGプログラミングの技術を取 得して、独自のアイデアのもとに、個性のあるCG作品を設計・制作できるようになる。
授業の概要および学習上の助言
コンピュータグラフィックスの分野において、アルゴリズムとプログラミングが日々進化している。魅力のあるデジタルアー トやコンテンツを作成するためには、プログラミングが必要不可欠になっている。本授業では、ビジュアル表現言語を用いて 、デザインやアートのための自然界のシミュレーションを実現する技術について学び、作品制作を行う。
教科書および参考書・リザーブドブック
参考書:「Nature of Code -Processingではじめる自然現象のシミュレーション-」 https://www.borndigital.co.jp/book/5425.html https://natureofcode.com/book/
履修に必要な予備知識や技能
ビジュアル表現言語 Processing の基本的なプログラミングを取得できていることが望ましい。
学生が達成すべき行動目標
No.
ニュートン力学のシミュレーションプログラムを理解できる
自律エージェントやセル・オートマトンのプログラムを理解できる
フラクタルのプログラムを理解できる
自然界のシミュレーションを用いたプログラムの設計ができる
達成度評価
評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 80 0 0 0 20 100
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
レポート 各ジャンルのサンプルCGプログラムを理解したうえで、サンプルCGプログラムに自らの工夫を加えた CGプログラムを作成して、レポートと共に提出する。また、全てのジャンルのサンプルCGプログラム の学習をもとに自らのCGプログラム作品を作成してレポートと共に提出する。これら提出されたCGプ ログラム、CGプログラム作品、レポートについて評価する。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他 出席、授業態度を評価する。
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
ビジュアル表現言語による自然界のシミュレーションに関する CGプログラミングの技術を取得して、独自のアイデアのもとに 、個性のあるインターラクティブアートCG作品を設計・制作で きる。 ビジュアル表現言語による自然界のシミュレーションに関する CGプログラミングの技術を理解して、インターラクティブアー トCG作品を設計・制作できる。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 授業全体の概要の説明を受ける。 ビジュアル表現言語processingの記述の仕方を学ぶ。 学習するプログラムの起動の仕方を学び、概観する。 講義 演習 自己点検 授業中に選択したサンプルプログ ラムについて修正プログラムを作 成してレポートを作成する。 120
2 シミュレーションプログラムの学習と演習(1) --- ベ クトル、力 講義 演習 自己点検 授業中に選択したサンプルプログ ラムについて修正プログラムを作 成してレポートを作成する。 120
3 シミュレーションプログラムの学習と演習(2) --- 振 動、粒子系 講義 演習 自己点検 授業中に選択したサンプルプログ ラムについて修正プログラムを作 成してレポートを作成する。 120
4 シミュレーションプログラムの学習と演習(3) --- 自 律エージェント、セル・オートマトン 講義 演習 自己点検 授業中に選択したサンプルプログ ラムについて修正プログラムを作 成してレポートを作成する。 120
5 シミュレーションプログラムの学習と演習(4) --- フ ラクタル、遺伝と進化 講義 演習 自己点検 授業中に選択したサンプルプログ ラムについて修正プログラムを作 成してレポートを作成する。 120
6 シミュレーションプログラムの学習と演習(5) --- ニ ューラルネットワーク 作品テーマの発表 講義 演習 発表 自己点検 CGプログラム作品と作品レポー トを完成する。 180
7 作品の最終提出と発表 自己点検 発表 議論 相互評価 自己点検 他の学生の発表と比較しつつ、自 らの作品について振り返る。授業 全体で学習したことを振り返り、 今後の活用の仕方を考察する。 60