|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
バイオ・化学専攻
対象課程 科目名 単位数 科目コード 開講時期 授業科目区分
博士前期課程(修士課程)
無機機能化学特論
Advanced Inorganic Chemistry
2 2775-01 2022年度
前学期
関係科目
担当教員名
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.セラミックス 2.X線回折 3.物性論 無機材料に関する研究開発、技術開発に必要となる基本的な概念を学習する。これらの基礎 概念を学習することで、先行技術論文などの理解が容易になる。また、英語の論文を読んで 理解するトレーニングも実施する。
授業の概要および学習上の助言
聴講する学生の予備知識に合わせて、講義を実施する予定だが、X線回折の理解に必要となる逆格子の考え方、結晶系、ブラ ベー格子、点群、空間群の基礎的な考え方を理解するのが目標である。余裕があればリートベルト法の演習を行いたい。また 、化学分野では国を問わず、研究論文の発表は英語で行われるのが一般的である。先行技術を理解するためには、英語論文を 読む能力が必須となる。英語論文を講読する演習も行う予定である。
教科書および参考書・リザーブドブック
履修に必要な予備知識や技能
予備知識として、化学の基礎を理解していることが必要。化学系4年生の聴講も歓迎する。
学生が達成すべき行動目標
No.
一般的な無機材料のキャラクタリゼーションの方法を説明できる。
X線回折の原理を説明できる。
辞書を引きながら、自分の研究分野の英語論文を読んで理解できる。
達成度評価
評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 0 60 0 0 0 40 100
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
普段の講義時間中に問題を出して,時間内に解く形で演習を実施する。その演習への取り組み状況で評価 を実施する。
レポート 行動目標に準じたファイナルレポートを最終週に課す予定である。その達成度により評価を実施する。
成果発表
(口頭・実技)
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
一般的な無機材料のキャラクタリゼーションを行うことができ る。 辞書をほとんど使用せず、自分の研究分野の英語論文を読んで 理解することができる。 一般的な無機材料のキャラクタリゼーションについて説明する ことができる。 辞書を引きながら、自分の研究分野の英語論文を読んで理解で きる。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分
1 第1回:結晶系とブラベー格子 講義と演習 予習と復習 180
2 第2回:対称操作と点群 講義と演習 予習と復習 180
3 第3回:X線回折の原理(1) 格子面,格子点,単 位格子,ブラッグの式 講義と演習 予習と復習 180
4 第4回:X線回折の原理(2) ミラー指数,面間隔 講義と演習 予習と復習 180
5 第5回:X線回折の原理(3) 消滅則,結晶構造因 子 講義と演習 予習と復習 180
6 第6回:粉末X線回折の強度を決める因子(構造因子 ,多重度因子,ローレンツ因子等) 講義と演習 予習と復習 180
7 第7回:逆格子とエヴァルトの作図 講義と演習 予習と復習 180
8 第8回:X線の発生方法とX線回折装置の構成 講義と演習 予習と復習,自己点検授業(学習 内容の振り返り) 180
9 第9回:最小二乗法,装置関数とデコンボリューショ ン 講義と演習 予習と復習 180
10 第10回:Excelを使った最小二乗法とデコンボリュー ションの演習 講義と演習 予習と復習 180
11 第11回:リートベルト解析の原理 講義と演習 予習と復習 180
12 第12回:リートベルト解析ソフトを使ったX線回折パ ターンのシミュレーション 講義と演習 予習と復習 180
13 第13回:リートベルト解析ソフトによる結晶構造の精 密化 講義と演習 予習と復習 180
14 第14回:放射線の安全管理(放射線測定の単位と法規 制) 講義と演習 予習と復習 180
15 第15回:放射線の人体に対する影響(遺伝的影響,晩 発障害,急性障害) 講義と演習 予習と復習,自己点検授業(学習 内容の振り返り,レポートの講評 ) 180