|| 英語(English)
学習支援計画書(シラバス) 検索システム
専攻共通
対象課程 科目名 単位数 科目コード 開講時期 授業科目区分
博士前期課程(修士課程)
イングリッシュテクニカルコミュニケーションⅡ
English Technical Communication 2
1 4730-01 2022年度
前学期
後学期
関係科目
担当教員名
授業科目の学習・教育目標
キーワード 学習・教育目標
1.科学技術英語 2.プレゼンテーション 3.ディスカッション 4.研究 この科目では、英語でのプレゼンテーション技能の向上に加えて、実践的に英語で議論、質 疑応答ができるように、科学技術分野で用いられる表現の学習や会話技能の向上についても 取り組む。
授業の概要および学習上の助言
この科目では、口頭コミュニケーションで用いられる基礎的アカデミックイングリッシュについて学ぶ。特に(1)科学技術 分野で用いられる数式などの用語の学習、(2)研究論文などの論理構成の検証、(3)質疑応答やディスカッションなどアカ デミックな口頭コミュニケーションで頻繁に用いられる英語表現の学習、(4)言語面(例:発音、イントネーション)およ び非言語面(例:姿勢、アイコンタクト、声量、話すスピード)でのプレゼンテーションスキルの向上に重点を置く。授業内 でミニプレゼンテーション練習を何度か行い、最終的に自身の研究テーマについて英語でプレゼンテーションができるように なることをめざす。なお、この科目に先立って開講される「イングリッシュテクニカルコミュニケーションI」は必修ではな いが受講を推奨する。 In this course, students will learn basic academic English for oral communication. Especially, the focus/emphases will be on (1) learning and use of specific science and engineering terminology (2) examining logical organization of research content, (3) studying of English phrases frequently used in oral academic communication, and (4) improving oral presentation skills in both linguistic (e.g. pronunciation and intonation) and non-linguistic (e.g., posture, eye contact, volume and timing) aspects. Students will repeat mini-presentation practices in class, and they will aim to be able to give a final speech about their research in English. Another course titled “English Technical Communication I” is not a pre-requisite, but it is recommended to take before this one.
教科書および参考書・リザーブドブック
N/A
履修に必要な予備知識や技能
この科目は、前学期後半夏期および後学期後半冬期に開講する。この科目に先立って開講される「イングリッシュテクニカル コミュニケーションI」は、必修ではないが受講を推奨する。
学生が達成すべき行動目標
No.
数式などを英語で表現できる。
自身の研究課題について、発表内容を論理的に整理/構成できる。
学習した表現を用いて質疑応答やディスカッションができる。
適切な声量・速さ・発音・イントネーション・アイコンタクトを用いて、研究発表に適した英語での口頭発表ができる。
達成度評価
評価方法 試験 クイズ
小テスト
レポート 成果発表
(口頭・実技)
作品 ポートフォリオ その他 合計
総合評価割合 0 20 40 30 0 0 10 100
評価の要点
評価方法 行動目標 評価の実施方法と注意点
試験
クイズ
小テスト
授業で学んだことがらの理解・習得を確認するために、5回程度のクイズを実施する。
レポート 指定課題についてのレポートを提出する。
成果発表
(口頭・実技)
自身の研究テーマで、第7回目の授業において、指定時間内でのプレゼンテーションを行う。
作品
ポートフォリオ
その他
具体的な達成の目安
理想的な達成レベルの目安 標準的な達成レベルの目安
自分の研究課題について、明確に論理構成を説明できる。 その内容を、発表の各項目に適した英語表現や、適切なフォン トサイズ、わかりやすい図表などを用いて、見やすいスライド を作成できる。実際の発表では、適切な声量・スピード・発音 ・イントネーションや聴衆とのアイコンタクトスキルを用いて 、ほとんどメモを見ずにプレゼンテーションを実演できる。質 疑応答やディスカッションでも、学習した表現を用いて、対応 できる。 自分の研究課題について、教員やクラスメートの助言を得て、 論理構成を明確なものに修正できる。その内容を、教員からの 助言などをもとに、発表の各項目に適した英語表現や、適切な フォントサイズ、わかりやすい図表などを用いてスライドを作 成できる。実際の発表では、声量・スピード・発音・イントネ ーションや聴衆とのアイコンタクト面で若干の改善を要する点 はあるものの、時折メモを参照しながら、最後までプレゼンテ ーションを実演できる。質疑応答やディスカッションでは、学 習した表現をもとに、滑らかな英語ではなくてもどうにか対応 できる。
※学習課題の時間欄には、指定された学習課題に要する標準的な時間を記載してあります。日々の自学自習時間全体としては、各授業に応じた時間(例えば2単位科目の場合、予習2時間・復習2時間/週)を取るよう努めてください。詳しくは教員の指導に従って下さい。
授業明細
回数 学習内容 授業の運営方法 学習課題 予習・復習 時間:分※
1 Self introduction and Course orientation Introduction to basic English for science and engineering students Seminar and worksheets Assignment and review 200
2 Scientific English Learn basic English for science and engineering students Seminar and worksheets Assignment and review 200
3 Research Introduction Learn how to talk about the background and significance of research Seminar and worksheets Assignment and review 200
4 Research Methods Learn how to describe the why in which research was conducted Seminar and worksheets Assignment and review 200
5 Research Results Learn how to introduce, display and describe data sets Seminar and worksheets Assignment and review 200
6 Research Conclusion Learn how to summarise research finds and link them to the introduction Seminar and worksheets Assignment and review 200
7 Final Presentation Choose an aspect of research and give a short presentation to the class Seminar and worksheets Assignment and review