前田 正彦


教授・工学博士

前田 正彦

MAEDA Masahiko
最終更新日 2022/04/29

■略歴
1971年
 
3月
 
東京都立戸山高等学校 卒業

1975年
 
3月
 
北海道大学 理学部 化学第二学科 卒業

1977年
 
3月
 
北海道大学大学院 理学研究科 化学第二専攻 修士課程 修了

1977年
 
4月
 
日本電信電話公社(現:NTT) 武蔵野電気通信研究所 集積回路研究部 

1988年
 
1月
 
日本電信電話株式会社(現:NTT) LSI研究所 微細加工技術研究部 主幹研究員 

1995年
 
2月
 
日本電信電話株式会社(現:NTT) LSI研究所 研究企画部 研究推進担当部長 

1996年
 
7月
 
日本電信電話株式会社(現:NTT) システムエレクトロニクス研究所 研究企画部 研究推進担当部長 

1999年
 
1月
 
日本電信電話株式会社(現:NTT) 通信エネルギー研究所 低エネルギエレクトロニクス研究部 主幹研究員 

2000年
 
4月
 
金沢工業大学 教授 

2012年
 
4月
 
金沢工業大学 工学部 電気系 電子情報通信工学科 教授 

2018年
 
4月
 
金沢工業大学 工学部 電気電子工学科 教授 



■専門分野
専門:光電気化学、薄膜物性、電子材料工学

■研究業績
業績ページへ

■担当科目
電子工学  プロジェクトデザインV(前田正彦研究室)  電気磁気学T  電気磁気学V  電気電子工学専門実験A  エネルギー材料・デバイス工学研究(前田正彦)  電気磁気学特論  

■所属学科
工学部 電気電子工学科

■企業等での実務経験年数
23

■職務歴
企業の研究所にて電子材料物性、光電気化学、半導体プロセスおよび研究マネージメントに従事した経験がある。電気磁気学の理解に必要な基礎数学の他、電気磁気学の物理現象に関する基本法則およびそれらの集大成であるマックスウェルの方程式、さらに、エレクトロニクス、情報・通信、電力・エネルギーの分野に幅広く利用されている半導体材料、電子・光デバイスの構造、動作原理、作製法等について解説指導する。