宮里 心一

学長補佐
研究副部長
地域防災環境科学研究所所長
KIT×Kajima 3Dprinting Lab所長
複合材料産学連携機構副機構長

教授・博士(工学)

宮里 心一

MIYAZATO Shinichi
最終更新日 2024/06/04

■略歴
1990年
 
3月
 
桐蔭学園高等学校 卒業

1994年
 
3月
 
東京工業大学 工学部 土木工学科 卒業

1996年
 
3月
 
東京工業大学大学院 理工学研究科 土木工学専攻 修士課程 修了

1998年
 
3月
 
東京工業大学大学院 理工学研究科 土木工学専攻 博士課程 退学

1998年
 
4月
 
東京工業大学 工学部 開発システム工学科 助手 

1999年
 
4月
 
東京工業大学 大学院 理工学研究科 国際開発工学専攻 助手 

2001年
 
10月
 
金沢工業大学 講師 

2004年
 
4月
 
金沢工業大学 環境・建築学部 環境系 環境土木工学科 助教授 

2011年
 
4月
 
金沢工業大学 環境・建築学部 環境系 環境土木工学科 教授 

2018年
 
4月
 
金沢工業大学 工学部 環境土木工学科 教授 



■専門分野
専門:工学教育、メンテナンス工学、コンクリート工学

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ

祖父は、沖縄本島北部(ヤンバル)の地で、土木技術者として働いていました。私は、近隣の方々に偲ばれていた祖父に憧れ、大学進学の際には土木工学科を選択しました。入学後は、車でドライブしながら、日本各地の構造物を見に行きました。鹿児島や鳥取へ帰省する友人と一緒に、瀬戸内しまなみ海道で建設中の橋も見学しました。現場で働く大学の先輩から丁寧な説明を受け、苦労と楽しさの両面を教えて頂きました。現在は、環境にやさしいコンクリートを開発し、また安全に長く使用できるインフラを研究しています。新しい技術に取り組むことは、苦労もしますが、楽しいです。だからこそ、研究室に所属する大学院生が学会で発表し、受賞したときはとても嬉しいです。これからも、豊かな自然環境を創り、市民の安全を守る、遣り甲斐のある仕事に全力投球していきたいです。



■担当科目
工学大意(環境土木)  生涯学習特別科目(理工系大学での学びとキャリアデザイン)(入学教育科目)  防災工学T  環境土木専門実験・演習A  環境土木専門実験・演習B  プロジェクトデザインV(宮里心一研究室)  アカデミックライティング  修学基礎B  専門ゼミ(環境土木工学科)  建設マネジメント研究(宮里心一)  Advanced civil engineering  環境土木のフロンティア  コーオププログラム  コーオププロジェクト  環境土木工学統合特論T  環境土木工学統合特論V  

■所属学科
工学部 環境土木工学科