蜂谷 俊雄

建築学部学部長
金沢歴史都市建築研究所所長

教授

蜂谷 俊雄

HACHIYA Toshio
最終更新日 2021/11/25

富山県高岡高校出身

■略歴
早稲田大学理工学部建築学科卒。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。槇総合計画事務所を経て、2003年本学教授就任。

■専門分野
専門:建築デザイン

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ
金沢は江戸初期から現代までを表徴する遺構・庭園・建築が時間軸の中で存在する歴史文化都市です。歴史的建築物から現代の最先端の建築まで、教科書の知識ではなく実際の空間体験ができます。まさに建築を学ぶ学生には理想のフィールドと言えます。私は天気の良い休日には運動を兼ねて金沢の街歩きをしています。何度も訪れた場所でも、季節や天候の違いで異なって見えます。また、人々の生業や観光客の様子を見るのも楽しいものです。金沢に住んで、金沢市の都市計画や景観の委員を務め、大学では金沢を敷地とした設計作品の指導をしていますが、街歩きは仕事であると同時に趣味でもあります。専門は建築設計・意匠です。建築設計実務に携わって約40年になりますが、経験を積むごとに新たな視点で建築が見えてきます。奥深いものです。世界を旅してすばらしい建築に出会った時の感動。これが設計をしたいというモチベーションになっています。

■担当科目
建築大意  建築設計T  建築デザイン論  建築デザイン総合演習A  進路セミナーT  プロジェクトデザインV(蜂谷俊雄研究室)  建築設計U  建築デザイン総合演習B  専門ゼミ(建築学科)  進路セミナーU  建築設計・意匠研究(修士設計)(蜂谷俊雄)  建築インターンシップA  建築インターンシップB  建築意匠特論  

■所属学科
建築学部 建築学科

■企業等での実務経験年数
40

■職務歴
東京(槇総合計画事務所等)で23年間、複合文化施設・美術館・図書館・劇場ホール・国際会議場・教会・事務所ビル等の設計実務に携わってきた。金沢(金沢計画研究所顧問等)で17年間、北陸地域の大学キャンパス・体育施設・事務所ビル・酒蔵改修等の設計実務や、設計監修(上越妙高駅・金沢駅西広場・加賀温泉駅・他)の実務に携わってきた。大学ではこれらの経験を活かして、主に学生の設計教育を担当している。