山田 真司


教授・芸術工学博士

山田 真司

YAMADA Masashi
最終更新日 2021/11/25

兵庫県淳心学院高校出身

■略歴
大阪芸術大学音楽学科音楽工学専攻卒。大阪府立大学総合科学部計量科学コース卒。九州芸術工科大学大学院修士課程修了。大阪芸術大学音楽学科助手。九州芸術工科大学大学院博士後期課程修了(社会人入学、期限短縮)。大阪芸術大学音楽学科講師、同教養課程講師を経て、2004年本学助教授就任。2008年現職。

■専門分野
専門:メディア情報学、人間工学、音楽音響学、音楽心理学

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ
もともと音楽心理学、音響心理学を専門に研究していましたが、最近では、ゲームやアニメ、漫才などのコンテンツの分析を数多く行っています。また、これらの成果を基にして、実際のコンテンツ制作にも携わっています。プリキュアの「萌え」、ガンダムのロボットの「燃え」、ポケモンのデザインの「かわいさ」など、一見ふざけたようにも見えるテーマでも、きちんとした科学の目を持って当たれば、国家戦略でもあるCool Japanコンテンツのデザインに寄与する研究として評価されます。皆さんも、是非とも研究対象に対する深い造詣・愛とともに、科学的な方法の深い理解を同時に持てるよう努力してほしいと思います。

■担当科目
メディア情報論T  プロジェクトデザインV(山田真司研究室)  メディア文化論  メディア応用  作品制作  専門ゼミ(メディア情報学科)  情報デザイン研究(山田真司)  モダリティーデザイン統合特論  

■所属学科
情報フロンティア学部 メディア情報学科