袴田 佳宏

応用バイオ学科学科主任

教授・博士(工学)

袴田 佳宏

HAKAMADA Yoshihiro
最終更新日 2021/11/25

三重県神戸高校出身

■略歴
三重大学農学部農芸化学科卒。同大学大学院農学研究科修士課程(農芸化学)修了。花王(株)入社、生物科学研究所配属、この間、信州大学にて学位取得(工学)。主任研究員を経て、2006年本学助教授就任。2011年教授就任。

■専門分野
専門:遺伝子工学、応用微生物

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ
【研究内容】納豆菌や海洋微生物がもつ機能を遺伝子工学の技術により改良し、環境問題や食糧問題を解決する。例えば、コンブからのバイオエタノール生産など。興味のある人は連絡を。
【メッセージ】科学技術の進歩とともに環境や食糧問題が深刻化していく中、何をすべきか、何ができるのかを一緒に考えよう。日常生活の中でもいろいろとできる事はあります。
【信条】微生物は良き友人であり、裏切らない
【趣味】テニス、映画鑑賞、音楽、犬と散歩

■担当科目
バイオ・化学大意(応用バイオ)  プロジェクトデザイン入門(実験)(応用バイオ学科)  バイオ・化学基礎実験・演習B(応用バイオ)  工業概論  プロジェクトデザインV(袴田佳宏研究室)  微生物学  専門ゼミ(応用バイオ学科)  バイオ工学研究(袴田佳宏)  バイオ工学特論  

■所属学科
バイオ・化学部 応用バイオ学科

■企業等での実務経験年数
17

■職務歴
企業の生物科学研究所にて微生物利用学、遺伝子工学の分野において、自然界からの有用微生物のスクリーニングおよび有用物質を探索し、製品に応用されている。微生物利用では、発酵食品に限らず医薬品やバイオエタノールの遺伝子組換え技術を用いた生産、環境問題への取組みなど幅広い産業分野で重要な役割を果たしている。また、納豆菌を利用した環境負荷低減型農業等について、地域と連携したプロジェクトに取り組んでいる。