河並 崇


准教授・博士(工学)

河並 崇

KAWANAMI Takashi
最終更新日 2021/11/25

滋賀県八幡工業高校出身

■略歴
金沢工業大学工学部情報工学科卒。同大学大学院工学研究科博士課程(情報工学専攻)修了。(独)産業技術総合研究所エレクトロニクス研究部門エレクトロインフォマティクスグループ研究員を経て、2009年本学講師就任。2016年准教授。

■専門分野
専門:組込みシステム、FPGA、リコンフィギャラブルシステム、コンピュータアーキテクチャ、STEAM教育

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ
学生時代はバンド活動にバイクツーリング、車いじりなどにハマりましたが、高校時代に持ち始めたコンピュータハードウェアに関する興味は、現在でも冷めることなく仕事にまで結びついています。学生時代は、コンピュータはなぜ高速処理が出来るのかということに興味を持ち、研究をし始めました。最近では、組込みシステムやセンサーネットワークシステム、若年層向けのSTEAM教育に関する研究に興味を持っています。性格は、自分では寡黙だと思っているのですが、人から見たら結構話し好きらしいです。おせっかいな性格は≒面倒見がよいということにしておいてください。数年前に腰を痛めてリハビリではじめたウォーキングにはじまり、最近の趣味はもっぱらマラソン(年にフルマラソンを2、3回)です。IoTや教育関係の学内プロジェクトをやっていますので興味のある人は声をかけてください。

■担当科目
コンピュータシステム基礎  プロジェクトデザイン入門(実験)(情報工学科)  プロジェクトデザインU  コンピュータアーキテクチャ設計  情報工学応用  プロジェクトデザインV(河並崇研究室)  生涯学習特別講義(IoT基礎)(春期集中講義)  論理回路  プロジェクトデザイン実践(実験)(情報)  専門ゼミ(情報工学科)  ハイパフォーマンスコンピューティング研究(河並 崇)  リコンフィギャラブルシステム特論  

■所属学科
工学部 情報工学科

■企業等での実務経験年数
6

■職務歴
独立行政法人で新型デバイス研究開発の経験がある。論理回路では論理ゲート、フリップフロップで構成される論理回路設計の基礎を解説する。また、コンピュータシステム基礎とコンピュータアーキテクチャ設計では、計算処理を実行するプロセッサの機能と構成として、論理回路シミュレータを用いて基本的なプロセッサの構成部品から任意の命令を実行可能なプロセッサまでの設計演習について解説する。