須田 達


教授・博士(工学)

須田 達

SUDA Tatsuru
最終更新日 2021/11/25

群馬県渋川高校出身

■略歴
金沢工業大学建築学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(建築学)修了。京都大学大学院工学研究科博士後期課程(建築学)修了。木四郎建築設計室入社。立命館大学准教授を経て、2012年本学講師就任。2016年准教授。2021年現職。

■専門分野
専門:耐震設計、木質構造、建築材料、建築構法

■研究業績
業績ページへ

■担当科目
建築のしくみ  建築構造力学U  建築施工  建築エンジニアリング総合演習A  進路セミナーT  専門ゼミ(建築学科)  プロジェクトデザインV(須田達研究室)  建築材料  プロジェクトデザイン実践(実験)(建築)  専門ゼミ(建築学科)  進路セミナーU  空間構築研究(須田 達)  建築材料特論  

■所属学科
建築学部 建築学科

■企業等での実務経験年数
7

■職務歴
建築設計事務所に勤務し設計の経験がある。安全性を主体にデザイン性、機能性等の観点から建築構造・構法および建築材料の特性を理解し、 優れた空間創造について理性的に判断し、合理的に行動できる建築技術者の素養を指導する。また建築構造では、構造物のモデル化や部材に生じる応力の算出について、たわみ角法および固定モーメント法による解法に基づいて講義し、不静定骨組の力学メカニズムを説明出来るように指導する。