高野 佐代子


准教授・博士(工学)

高野 佐代子

TAKANO Sayoko
最終更新日 2021/11/25

千葉県銚子高校出身

■略歴
金沢工業大学電子工学科卒業、イリノイ大学交換留学、ATR人間情報研究所研修研究員、金沢工業大学システム設計工学博士学位取得。JST-CREST脳を創る「発声力学に基づくタスクプランニング機構の構築」およびドイツアーヘン工学大学にてポスドク。ATR脳活動イメージングセンタ(BAIC)研究技術員にてMRIオペレータの経験を持つ。アリゾナ大学生理学教室ポスドクを経て、2013年本学講師就任。2021年現職。

■専門分野
専門:VR/AR、発話トレーニング、声優音声、防災放送、音声生成知覚、音声言語医学

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ
金沢工業大学の学生の皆さんへ。私も数十年前に金沢工業大学に希望を持って入学し、今は自ら望んだ研究や大学教員生活を送っています。そんな私が感じることは、まずは大学の学科の科目をしっかり学んだ上で、ぜひご自身の興味をさらに広く深く学んで頂きたいです。大学での授業はゴールではなくスタートライン、重要なのはそこから何を自分で価値を見出すかだと思います。私自身は大学時代はアメリカ留学、柔道部、コンピュータなどに打ち込み、大学時代に身につけた英語・体力・プログラミング能力は一生の宝です。現在、研究では声優やボイストレーナーの技術、MRI、舌の研究、各種センサを用いた計測や各種システムの開発を行っており、本当に研究が楽しいです。人生は学びにより、さらに豊かになります。皆さんの人生が楽しみながらプラスになり、「金沢工大に入って良かった」と思えるような学生生活を送って頂けるよう応援・サポートします。


■担当科目
プログラミング  コンピュータグラフィックス演習  工業概論  メディア情報専門実験・演習B  専門ゼミ(メディア情報学科)  プロジェクトデザインV(高野佐代子研究室)  作品制作  専門ゼミ(メディア情報学科)  

■所属学科
情報フロンティア学部 メディア情報学科

■企業等での実務経験年数
14

■職務歴
企業の研究所等で磁気共鳴画像、音声生理学に携わった経験がある。CGの基礎理論と表現技法、座標変換、アニメーションの基礎理論について解説する。また、C言語プログラミング技術の修得として、基本的なデータ型・変数宣言・配列・演算・入出力や、条件分岐・繰り返しなどの制御構造、関数の作成・標準ライブラリ関数の利用について、データ構造や基本アルゴリズムの活用方法などについて解説する。