藤井 寛


教授

藤井 寛

FUJII Hiroshi
最終更新日 2021/11/25

愛知県向陽高校出身

■略歴
名古屋工業大学経営工学科卒。トヨタ自動車工業(株)(現トヨタ自動車(株))入社。住宅事業において、事業計画、商品企画、生産管理、施工管理、価格設定など幅広く一連の分野を経験。責任者として、品質保証、新商品進行管理、原価革新を担当し、品質マネジメントシステム管理責任者に従事。その後、TQM推進部において、トヨタ自動車全社での仕事の質向上を推進。2014年本学教授就任。

■専門分野
専門:経営工学

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ
入社以来35年間、机の引出しには大学のテキストだった統計的品質管理の本が入っていました。私の中では、QC的ものの見方・考え方が仕事のベースになっています。会社では色々な仕事をしましたが、標準化、システム化、見える化などの仕組みづくりが横軸に位置付けられます。
学生時代、スポーツはサッカー、音楽はロックに浸っていました。PMCで70年代のレコード・ジャケットを目にし、歓喜しました。ワイン好きが高じて、日本ソムリエ協会の上位資格であるワインエキスパート・エクセレンスを保有しています。合わせて、酒どころの石川県でSAKE DIPLOMAの資格を取得しました。
学校も会社も、本拠地はこれまでずっと愛知県でした。これから、「一日即全生」(造語)と考え、金沢や野々市で過ごして行くつもりです。

■担当科目
修学基礎A  技術者と持続可能社会  技術マネジメント  修学基礎B  

■所属学科
基礎教育部 修学基礎教育課程

■企業等での実務経験年数
35

■職務歴
企業で事業計画、商品企画等の経験がある。「技術マネジメント」では、企業組織が環境に適応しつつ、新たな価値創造活動を進めるための仕組みについて学習する。「技術者と社会」では、誇りを持って自ら考え行動する技術者になるための素養として、社会の状況と企業のあり方、社会からの期待と技術者の役割や責任、イノベーション(革新)の必要性等を学習し、自らのライフプランを考えることにより学習の心構えについて指導する。