森合 秀樹


教授・博士(工学)

森合 秀樹

MORIAI Hideki
最終更新日 2024/04/05

■略歴
1995年
 
6月
 
スタンフォード大学大学院 航空宇宙工学専攻 修士課程 修了

2011年
 
3月
 
京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻 博士後期課程 修了

2021年
 
4月
 
金沢工業大学 工学部 航空システム工学科 教授 



■専門分野
専門:航空/宇宙エンジン; 現象可視化; 数値シミュレーション; メカニズム最適化

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ

三菱重工に30年以上勤務後,本学で第2のエキサイティングな人生を送っております.三菱重工では,H2・H2Aロケット用のロケットエンジンや,民間・防衛用航空エンジン等の開発設計・研究に従事しておりました.

趣味は,人生というゲームパークを楽しむことで,リアルライフが何よりも面白いと思います.学生の皆さんには,できるだけ若いうちに海外に出て視野を広げられることをお勧めします.

それにしても,隣の太陽系のアルファ・ケンタウリがどんなところか,見てみたいものです..4.3光年もの膨大な距離を超えていかにたどり着くか..それを考えるのが,第2の人生の最大のテーマです.



■担当科目
熱力学T  宇宙推進工学  航空システム専門実験・演習B  プロジェクトデザインV(森合秀樹研究室)  工業力学U  熱力学U  空力解析演習  EARTH&SPACE環境機械工学研究(森合秀樹)  熱力学特論  ロケットエンジン特論  

■所属学科
工学部 航空システム工学科

■企業等での実務経験年数
30

■職務歴
企業においてロケットエンジン及びガスタービンエンジンの研究開発及び設計に従事した経験がある。レーザを用いた高品質の穴加工・積層造形等についても研究開発を進め、世界最高水準の技術や特許取得にも貢献した。実際の開発現場の感覚を、ものづくりの体験を通して、興味をもって勉学が進められるよう指導する。