鹿田 正昭

副学長

教授・工学博士

鹿田 正昭

SHIKADA Masaaki
最終更新日 2022/06/03

■略歴
1972年
 
3月
 
石川県立金沢錦丘高等学校 卒業

1976年
 
3月
 
金沢工業大学 工学部 土木工学科 卒業

1976年
 
4月
 
金沢工業大学 助手 

1983年
 
3月
 
金沢工業大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 修士課程 修了

1991年
 
4月
 
金沢工業大学 講師 

1994年
 
4月
 
金沢工業大学 助教授 

2000年
 
4月
 
金沢工業大学 教授 

2016年
 
4月
 
金沢工業大学 副学長 



■専門分野
専門:リモートセンシング、全地球測位システム、地理情報システム、測量学、空間情報工学

■研究業績
業績ページへ

■学生へのメッセージ

座右の銘は No Pains No Gains(蒔かぬ種は生えぬ)、研究室の方針は7:3(7は課外活動、3は研究活動)と言い続けて40数年、2005年に金沢工業大学の産学・地域連携プロジェクトとして発足した空間情報プロジェクト(https://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/geography/)はやがて20年近くの歴史を刻み、継続は力なりを感じている。
趣味は男声合唱と自己満足のピアノ演奏(最近はまったく弾いていない)だが、多忙により休団中。当面は復帰できそうにない。2012年5月に(一社)日本写真測量学会常務理事(〜2022年5月)、日本写真測量学会北信越支部長(〜2022年7月)、2014年に国土地理院測量行政懇談会委員および研究評価委員長(〜2022年3月)の重責を拝命し、いずれも無事に責務を終えることが出来た。また、2016年の第12回CDIO世界大会(フィンランド、トゥルク)で2018年第14回世界大会の日本招致に成功し、大会委員長として30か国300名の参加を得て成功裏に終えることができた。
学生諸君にはNo Pains No Gainsを実践して「自ら考え行動する技術者」を目指してほしい。



■担当科目
測量学T  測量実習・演習T  測量実習・演習U  プロジェクトデザインV(鹿田正昭研究室)  測量学U  情報計画研究(鹿田正昭)  Advanced civil engineering  環境土木のフロンティア  地理空間情報特論  

■所属学科
工学部 環境土木工学科